So-net無料ブログ作成

一昨日見た電子書籍に関する記事 [イラストシート/特典/雑誌付録]

なにやら ibooksjapan がyahooに取り込まれることで

電子書籍リーダーの使い勝手が悪くなったとか 購入した電子書籍がなくなってた しかも購入冊数が多いこともあり何がなくなったのか(見れなくなったのか)がわからなくて 企業のツイッターが炎上してるというものだった

まとめサイトで目にしたものだったが コメントされていた中には

●電子書籍は本を購入したわけでなくて本を読む権利を買ってるだけ

なので企業が撤退しても何の保証も無いよというものだった

創業者ペゾスですら amazonは30年でなくなる事業と言ってるなどともありました
(私は真偽は知りませんが)

ただついつい読み飛ばしている利用するときの確認事項にて電子書籍の事業者が事業を終えるときに購入者に対して何も保障が無い場合があるのは間違いないようです

専用リーダーでしか読めないデータをDLしてもその専用リーダーが利用できなくなったら意味が無いというわけですね
事業を畳むときにアプリ起動を恒久化してくれればいいんですが・・・ それもOSが新しくなった場合にはダメになるでしょうし

それならjpegデータで提供される電子書籍事業者があればいいと思うんですが やはり著作権保護の問題もあってあまりない?


電子書籍は場所をとらないけれど 提供者が購入した「本のデータの閲覧券」をずっと保障してくれるわけではない

そう考えると電子書籍だけにするのもどうかなと思います

一方で
いつ撤退するかわからないのなら元を取るほど読みこめばいいんじゃないか、

amazonが創業者が言ったように仮に30年で事業がなくなってあるいは日本から撤退して読めなくなったとして 実物の本を買って30年も手元に置いて読み返してる本がどれほどあるか?
 
子供の頃から買いつづけ、今も買ってるコミックをそのまま置いてたとしたらどれほどのスペースを占有するか?

と考えるとやっぱりこれからは電子書籍かなと・・・

どれほど一時期嵌った作品があってもいずれは醒めるものですしね  

そういえばアイドルの人気が2-3年ほどであるとか 恋愛での感情は3年で別のものに変わらないと破綻するとかは脳のA-10神経での伝達物質が放出されなくなって(感受が鈍くなって) 好きである感情が無くなっていくので別に興味が移るってのがむかーし所さんのバラエティでやってたけど こういうのがコントロールできるようになったら物欲もコントールできていいだろうなぁ


nice!(13)  コメント(2) 
共通テーマ:コミック

nice! 13

コメント 2

ありさ

私は本や漫画、雑誌をあまり読み返すことがなくて
勝った時に一度だけ読む感じなので
あとで読めなくなったらそれはそれだなーって感じです。
でも紙の書籍は、システムがどうなろうが自分の家にあって読めるわけで
ほとんど同じ値段の現状ならば、
恒久的に読めるようにすべきだっていう多くの意見にも賛同できます。
紙の書籍に比べて電子書籍が大幅に安くならないと
読めなくなった時に苦情がでるんでしょうね。
by ありさ (2019-03-06 09:51) 

観自在

値段についてはそうですよね

てっきりもっと安い価格で電子書籍が提供されて一気に広がるものだと思っていましたが

価格と各事業者ごとの書籍リーダーの違いで思ったほどの勢いではなかったですね

CDがあっという間になくなったのとは対象的です  もうcdを実店舗で売ってる店を見かけなくなってますものね

しかし今はコミックに関しては紙媒体よりも電子媒体の方が売り上げが多くなったそうですし徐々にではありますが確実に電子媒体への切り替えは進んでますね
by 観自在 (2019-03-06 16:09) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。