So-net無料ブログ作成
検索選択

変幻戦忍アスカ [へ]


変幻戦忍アスカ 上 (ジャンプコミックス)

変幻戦忍アスカ 上 (ジャンプコミックス)

  • 作者: 黒岩 よしひろ
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 1989/02
  • メディア: 新書



変幻戦忍アスカ 2 (ジャンプコミックス)

変幻戦忍アスカ 2 (ジャンプコミックス)

  • 作者: 黒岩 よしひろ
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 1989/05
  • メディア: コミック



週刊少年ジャンプ連載作品 著/黒岩よしひろ 全2巻既読

wiki:変幻戦忍アスカ

忍者アクションもの

森蘭丸の一派:忍邪集団を封じた本能寺一族との封印をめぐる戦いがメイン

タイトルの変幻というのは主人公の兄が開発した忍術を科学を融合した強化服のプロテクターで服装が変わること(髪型もかわったけな)からだと思うがあんまり大きく変わらない
体のラインがはっきりして露出が高くなるけどあんまりセクシーには見えなかった覚えあり

物語の最初の戦いで森蘭丸の封印が解かれてからの展開は次の封印防衛を目指しての戦いとなったが人気が無かったのか打ち切り。最終回では2年後に飛び、その後の戦いも負け続きで結局5つの封印は全て解かれて、魔王降臨の為に蘭丸自らが儀式に身を使ってるところへ挑むところで終了

単行本収録時に結末が描かれており、本能寺一族を裏切って最初に封印を解いた魔風が実の兄だったり、兄だと思っていたは果心居士だったり、そもそも本能寺の変で森を封じたのはアスカの前世だったりと判明 

果心居士が新たに作成したプロテクターでサクっと蘭丸を倒して終了したがページもないし仕方が無い ジャンプ本誌とは違ってストーリーを〆ることができただけもよかった


以後 ジャンプでは魔神竜バリオンも一巻だったし、原作がついた不思議ハンターも短命だったな
そこそこ続いたは鬼神ゼンキだけだったかな

絵は悪くないけどアクが足りないせいかと思ってたら見かけなくなってた

ブックオフでアダルト方面で活躍してるのを知ったがその直後辺りにネットで自分の原稿を切り売りしてるのを知ったり、過去の自作品に毒づいてるのを知って幻滅
編集との間で色々あったのだろうが書きたくなかったとかいろいろ作者は言ってたみたいだ






竹書房からの再発売版
変幻戦忍アスカ  (上) (バンブーコミックス)変幻戦忍アスカ  (下) (バンブーコミックス)



nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

"PEPPER " [ペッパー] [へ]


PEPPER (ぶんか社コミック文庫)

PEPPER (ぶんか社コミック文庫)

  • 作者: たがみ よしひさ
  • 出版社/メーカー: ぶんか社
  • 発売日: 2008/01/19
  • メディア: 文庫




私が読んだのはA4サイズのハードカバー本 奥付見ると平成3年6月30日初版

今は文庫ででてるみたいだ

描き下ろし作品で題材は西部開拓時代?のガンマンもので氏の作品の中では新分野だった
トーンを使わずアミカケで処理されており その紙面の雰囲気がセピアっぽく見えてストーリーに合っていた

今出してきたんだが屋外ガレージに放置していたので水分を吸ってたわたわ・ そう思ってファンヒーターの前に置いたら渇いて紙が曲がってエライことになっちゃった

作品タイトルのペッパーとは主人公の名前

警察の代わりに賞金首を捕縛(もっぱら銃で殺害だが)する賞金稼ぎを生業とし、過去の記憶を失っている
賞金をせしめにいったハンガータウンの警察署で高い賞金がかけられた元キャシディ一味の1人 ワイルド・ジョブの情報を聞く

直後に街にやってきた男ゴールドがペッパーに接触してくる  その理由はペッパーが持つ黄金の彫刻入りの銃

その銃を作ったダニエル・E・レスリーの謂われを語り ダニエルが作った銃は13丁でダニエルを殺したキャシディー一味13人が奪ったことを聞かされる

仲間内の争いで殺されたキャシディーを除いた12人が持っていたはずの彫刻入り銃を持っているペッパーは自らの過去を求めてワイルド・ジョブに会うが話ならず撃ちあいに 瀕死の中ジョブは「レッド・ブル」とこぼし、ダニエル作の彫刻入り銃を残して息絶える

その後自らの過去を求めてレッド・ブルと接触するためにペッパーは旅立ち、何故かゴールドも同行

しかし既にブルは死んでおり、ブルの死体を引き取りにきたマッド・ドグに足がかりを得る

名を変えており、自らの彫刻入り銃を他人に渡していたマッド・ドグはペッパーたちに見つからずに始末しようとするがペッパーとゴールドは返り討ちにする ドグは逃がしたが代わりにキャシディー一味の手配書を得、残る9人の名前と顔をしる

残りはマッド・ドグ、ビッグ・ラストン、トーマス・ハンター、ジム・パーソン、ブラッディ・ミン、ダスター・ブルー、マウンテン・デビー、エミリー・キーン、クラウン、キング 

手配書の名前も顔にもペッパーはなく、ペッパーが持つ彫刻入りの銃をなぜ持っているのか疑問に思うペッパーだがゴールドは14丁目が存在しておりダニエルの息子が持っていたのでないか? 死体が見つからなかった次男がペッパーではないかと話す

そんな中 先行して逃げていたマッド・ドグたちが銃撃戦をしている音を聞く
そこで行われていたのはマッド・ドグとビッグ・ラストンの2人とキャシディー一味に恨みを持つダオバブの町の人間との戦い

ダオバブの町にたどり着いたドグとラストンだが町そのものが敵であるため殺されることとなるが その前に自分のことを聞くために会うことに
ペッパーの顔を見て何に気付いた2人だったがそこに町の人間の襲撃が入り分からないまま

ペッパーは2人が殺される前に雑談していたキャシディ一味の残りダスター・ブルーがいる町ウィーストンを目指す

ダオバブの町はドグとラストンの賞金を全員で分け全員が町を離れて消失 しかし過去にダオバブの元の町:ドラゴンズ・ウェルを襲ったキャシディー一味はまだ残ってると復讐を続けることを選んだアーシュラがペッパーとゴールドの旅に同行

アーシュラから町を襲ったのは元キャシディ一味の10人と聞かされ、キャシディ以外の2人がいないことに気付く
ペッパーは自分の過去を、ゴールドは名工作として金になる彫刻入り銃を求めてキャシディーの残りを更に追う

ウィーストンに向かう途中の川を渡る中 ダスター・ブルーがガトリングガンで襲ってくるがアーシュラの存在を知らなかったブルーは帽子をアーシュラを取り変えたペッパーに気付かず接近を許す

ブルーに15年前の事を質そうとするペッパーだが既に川に生息するアリゲーターに囲まれており、ゴールドはブルーを撃ち抜く

彫刻銃を求めてウィーストンのはずれにあるブルーのねぐらを訪れたペッパーたちだがそこで狙撃を受け ブルーのねぐらに留められる

持久戦となるが夜になってから火薬で爆破を起こすことでその光で目が慣れないうちに狙撃していたジム・パーソンに近づくペッパー

パーソンはペッパーを見ると「キング」とこぼすがそれ以上しゃべる前にゴールドに頭を撃ち抜かれる

ゴールドを殺してしまったため残りのキャシディ一味の行方は分からなくなってしまう

立ち寄った町で出会ったアリスティア・リングフィールドより、自分の父がゆすられていると聞かされる
その中で自分の父は過去を隠しており、現在の妻と結婚する前の名前がタイガー・ミンだと教えられる
父親を強請ってるのがハンターと聞いたペッパーたちはキャシディ一味のブラッディ・ミンとトーマス・ハンターだと当たりをつける

アリスティアの依頼を受けて護衛を受けるペッパーをミンはキングと呼び、ハンターを待ち伏せしていたゴールドはハンターからクラウンと呼ばれる

ミンはゴールドがクラウンであることを告げ、ペッパーがキャシディーに加わったいきさつを話す
昔を忘れて静かに暮らしたいミンはペッパーにハンター殺害を依頼

ハンターはゴールドにこれまで運よくキャシディー一味と遭遇していたのは過去を消したいミンにより仕組まれていたことを告げられ、過去を消すために自分を殺そうとするミンを殺すことを手伝うように依頼 そしてゴールドがかつての仲間を殺してまで彫刻銃を集める理由を知ろうとする 

そうしてミンとハンターの戦いが始まったがペッパー、ゴールドが敵味方に分かれたことで双方が全員死亡 
残ったのはペッパー、ゴールド、アーシュラのみだった

そしてゴールドは彫刻銃について語りだす
かつて金鉱の町 エル・アラミスが5人のギャングにより虐殺され金鉱がもたらした財宝を持ち去ったこと
その5人のギャングの1人がダニエルであり その財宝を狙ってキャシディーがダニエルを襲ったことを明かす
更に元々彫刻銃は14丁あったこと、彫刻に使われた黄金はエル・アラミスの財宝だったこと、それ以外にもあるはずの財宝はおそらく銃が宝を示す地図になってるのではないかということ

町に泊った一行 マウンテン・デビーが現れアーシュラを運び去り、ペッパーが至近距離で撃ちこんでも平気 
残ったペッパーたちに伝言を持ってきたのはエミリー・キーン

エミリーとデビーは手を組んでペッパーを追いつめるもエミリーに従わず、キャシディー一味の仲間たちの仇を取ろうとするデビーは2人に挑み、着こんでいた鉄の装甲の中を撃たれて死亡

エミリーは奪った彫刻銃も含めて自分の銃もペッパーに差しだし、結局14丁目は誰も持っておらずダニエルの二男のウィリアムを探すしか手がないため手を組まないかと持ちかける


そこで記憶が戻ったペッパーは自分がウィリアムでありクラウンだと話す 自分の家族を襲うことだと知らないまま加担していたが キャシディーを撃ったのは自分ではないと告げる

ゴールドは自分がエル・アラミスの生き残りでキャシディーを撃ったのは自分であること、キャシディーが持っていた彫刻銃は14丁目(財宝を示した銃)ではなかったことを話す

ペッパーは父親:ダニエルからくすねた銃が2つあり うち一つはダニエルと一緒に墓に埋めたこととそれが宝の在処を示している銃だろうと語る

それを聞いたエミリーは焼夷弾?を持ち出して場を後にしてダニエルの墓へ向かう
後を追ったペッパー達だが既に墓は掘り起こされており行方を探そうとするがエミリーは自ら現れる

その理由は銃に地図らしいものがあるが北を示すものが分からないため手詰まりだったことから

地図の現在地を示すダニエル宅で銃が磁石で有ることに気付き、宝の在処が北西にあるドラゴンズ・ウェルであることが判明

既に滅びたアーシュラの故郷でうすうす財宝の在処に感づいていたマウンテンデビーの指示でキャシディー一味が襲い  ゴールドは仇であるキャシディーを殺して抜けており、ペッパーを自分の家族を襲ったことを知って記憶をなくしていたため10人での行動だった

町に財宝があることが分かってもそれ以上はわからないため困った一行だがかつての自分の家を見つけたアーシュラは祖母が庭から見つけた箱の紋章が銃に刻まれた紋章と同じことに気付く

箱の中にあったガラス球は本物の宝石だったこと、財宝ははじめから身近にあったことを知り4人で山分けしたあと飯を求めて廃墟の町を去っていく




nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

BabyPrincess [へ]


Baby Princess 1 (電撃コミックス)

Baby Princess 1 (電撃コミックス)

  • 作者: 深山 靖宙
  • 出版社/メーカー: 角川グループパブリッシング
  • 発売日: 2011/12/17
  • メディア: コミック



原作/公野櫻子 作画/深山靖宇 キャラクターデザイン/みぶなつき

原作についてはWiki:BabyPrincess参照

BabyPrincessの画像を探す


電撃G'sマガジンの同名の誌上企画のコミカライズ

ノベライズは以前からされていたがずいぶん遅れてコミカライズ開始
たぶんOVA化にあわせての展開だったと思うがコケたかな?

それも単行本にまとめられた以降?は休載しており次巻がでるかは怪しい

収録されているのはG'sマガジン 2011/5-12掲載分


ノベライズとは若干 設定も導入部も異なるが一つの家で19人姉妹+1が暮らす展開は同じ


19人姉妹の元に帰ってきた唯一の男の兄弟

まったく会ったことがない弟や兄と暮らすことになった姉妹たちの様子が描かれたハートウォーミングコミックってところか


冒頭本当の家族と行ってるので血縁がある設定?(ノベライズも血縁についてははっきりしない)

読んでみて気づいたんだが主人公?の唯一の男はお兄ちゃんと呼ばれているが名前を名乗っていないし、冒頭の自己紹介シーンでも妹たちからの自己紹介はあったが自分からはしてないので不明なまま  
読み手に投影させる意味で名前を設定してないのだろうか


家族とのかかわりが主題なので 描かれているのも家庭内の様子だけで学校などの様子はない


原作と同じく男嫌いの九女:麗、ノベライズと同様 何かと突っかかってくる六女:氷柱に対してコミカライズの主人公はうまく往なしており ノベライズの主人公:陽太郎よりは鷹揚な性格が好感が持てる


親睦を深めるための交換日記に書く内容で悩む四女:ヒカル、控えめな八女:小雨、おやつのどら焼きを巡る次女:霙のエピソードが収録されていた


作画が時々変になってるところがあるけど 漫画雑誌でなくゲーム雑誌掲載のコミックだし こんなものかなと





Baby Princess3Dぱらだいす0 [Blu-ray]

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック