So-net無料ブログ作成
検索選択
続巻雑感 ブログトップ
前の30件 | -

続刊雑感 愛気S3 [続巻雑感]


愛気―S  3巻 (ヤングキング・コミックス)



表紙はフランスを拠点にしている女性のみの武道家?集団オルレアンよりリーダーナデージュとチーム内実力一のカサンドラ

エピソード15-21まで収録 最新号の連載誌の前月号までとなっている

下痢から復調した承久がチーム竜騎兵3人と対戦している続きから
竜騎兵の刃物を装備したリーダー、義眼にレーザーを装備したギミック仕込みの鎌使いジュリエッタ、球体になって転がって相手を潰す巨漢男パンチョの3人だが三方から一気に潰しに来た時を待ってジュリエッタの動きを止めてあっさりと同士討ちに誘い込む
 リーダーは装備から承久の崩しは使えないと踏んでいたが頭に触れられただけで脳を揺らされることを知らなかったために刃物を装備していなかった頭部にタッチされ失神
残った転がる球体は重心が点にあるという崩すのが最も難しい敵だったが人が丸まって形作った球体だったために重心のずれを見極めてこれといった活躍もさせずに一蹴
 ヴェロニカ曰く「承久をブラッシュアップさせただけ」の対戦となった
それと同時進行で承久を上回る腕前を持つ(と勘違いさせている)ブルを抑えるためにチームオルレアンが色気仕掛けで拉致計画を行動する だが捕まえたのは雑魚っぽい外見のブルでなくシカ

シカをブルと勘違いして対戦を挑んでくるチームオルレアンと承久チームが対戦
変則棍使いのビアンカと2.5mの巨漢カサンドラが挑んでくる 承久チームは出番がなくて承久の対戦を刀の鍔鳴りをさせながら見ていたヴェロニカ
 日本刀を強力な電磁石を仕込んだ分離型の棍棒で封じるビアンカ 当初は有利に進めるも相鉄よりブルとシカが人違いであることを説明されたオルレアンが揉めているうちに電磁石のスイッチが判明 ネタが割れてビアンカを下がらせてカサンドラがヴェロニカの対戦を引き継ぐ

 下痢の間にオルレアンに掴まっていた承久の見立てで「とんでもないの」と評したのがカサンドラ
武器を持たない無手のカサンドラだが鎧はビアンカの武器と同じ強力磁石 再度日本刀を封じられたヴェロニカだがビアンカが残した棍棒を利用して戦う 
 拳法(中国拳法に空手も混じってると相鉄は言っていたが詳しくは不明)の一撃は体格からくる重さを持ち、小柄体操選手並みの身のこなしをみせるカサンドラに食指が動いた承久はヴェロニカと交代

 いきなり雷迅をしかけた承久だが崩しを芯を保つことで技のかかりを回避、全盛時の90%の力を戻した左手の時間停止(相手の動きを止めたように見える技)まで防ぐ。 モニターしていた主催者や相鉄から承久と対抗しうるほどの掘り出し物と評価される

 その対戦を上から見ていたチーム黒月のリーダー 全身包帯男でホモのカールは自らのチームの存在感を示すために乱入

景安とオルレアンのメンバー3人にいきなり勝利したカールだがその理由は全身に通電させた電流 包帯は身を守る絶縁体

チームの大半を失ったカサンドラは承久との対戦を止めてカールを倒しにかかるが全身に通電しているので武器でも素手でも触れられない カサンドラとの対戦も途中になった承久も含めて3つ巴の対戦になる

 カールは電気だけで倒しても腕自慢にはならないと武器として手だけの通電にして対戦続行
鎧が強力磁石の金属であることからワイヤーによる遠隔通電攻撃にカサンドラはあっさり感電

色物に見えるがカサンドラと同じく承久に対抗できる腕前だったカール
承久は回復した左腕に頼った左手90%全身70%戦い方から全身80%の状態で戦おうとしたが主催者のストップが掛かる  
 指示なしに勝手に戦い始めるのでデータが採れないことにいら立つ主催者側だが新たに新チームが加わることを伝える

 オルレアンはリーダーのナデージュが祖母を呼び出し、南米からは闇ネットワークのエランテから3人が新チームとしてやってくる

ナデージュの祖母はヴェロニカの祖父 宝寿とも面識があり、チームエランテのチーフのポーラは黒月のリーダーのカールと旧知の仲と判明
そんな中 敗れたチーム 竜騎兵は武道家のデータを元にした実験体として施術を受ける

主催者に指示された次の対戦はチームエランテとの屋外での指名タッグ戦

足技使いのシカと合気のドルニエが銃使いの太ったおっさんゴンザレス+1と対戦 (ゴンザレスのパートナーは時差ボケ)

銃に関しては視線と斜線で予測回避ができるレベルの武道家であるシカもドルニエもなめてかかっていたがゴンザレスの銃はエアガン
 直線ではなく曲がってくる弾に驚愕するシカってところでお終い




タグ:ISUTOSHI 愛気S
nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

続刊雑感 強殖装甲ガイバー 31巻 [続巻雑感]


強殖装甲ガイバー (31) (カドカワコミックスAエース)


冒頭でカイバーⅡフィーメイルの殖装者 ヴァルキュリア監察官の過去が語られています

前巻の最後にヴァルキュリアがオスカーのことを言っていたのでてっきり恋人とか身内だと思ってたら真逆でオスカーのことを嫌っていてオスカーを凌ぐ価値が自分にあることを証明するための行動でした

12神将の日本滞在メンバーであるシンは調整の為にワシントン支部に赴き、ついでに晶からの申し出をバルカスに伝える

その内容は瀬川兄妹をシラー島へ拉致したアポルロンの対処のために一時休戦するというもの

バルカスは現時点の脅威の順位から休戦をあくまで一時的として受け入れる(袂を分かった巻島の勢力は別だろうが)

アポルオンの目的がゾアロードのゾアクリスタルと睨み、日本に帰ったシンを狙ってくることを見越して接触を計ろうとする晶とアプトム

クラウドタワー周辺でガイバーの感知能力に引っ掛かるのを待っていたが現れたのはギュオーとヴァルキュリアのアジト

ゾアクリスタルを持たない自分を狙うことに疑問を呈するギュオーに対して何故か「求めるものはそれではない」とギュオーに執着するアポルオン

その逃避と追跡攻撃で起きる山火事に住民が巻き込まれるのを防ぐためガイバー+アプトム姿で放つ広範囲冷気攻撃を放つ晶

周りを巻き込む攻撃をやめさせ、瀬川兄妹の居場所を問い詰める晶だが瀬川兄妹については身の安全を保障、ギュオーに背後にいる者について尋ねることがあると晶と二人でギュオーを追跡

建設現場に追い詰めたがギュオーの下半身に攻撃が当たり、クワドリガの生体燃料?に引火してしまい、ビルから落ちるところで終了


アポルオンの正体って顔を隠してることから読者が知ってる既に登場済みの人物だと思うんだけどな
シラー島を知ってて日本語を操ってることから村上あたりか?


ガイバーはコミックエースに移ってからどうにも話が遅いというか一巻当たりに入ってる情報が少ないというか・・・
同じ単行本一冊読んでもハンター×ハンターとかの読了後の満足感と比べて凄く薄い  話が早く進めばいいというわけではないけどどうにかならんかな


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

モンスター娘のいる日常6巻 [続巻雑感]


モンスター娘のいる日常 6 (リュウコミックス)



以前と同じく同月に12BEASTが発売してる
この巻で先月のコミックリュウまでの最新の話まで収録
とはいっても先月は本編ではなくて短編のおまけみたいな話でその前の月は休載
12BEASTの方も含めて単行本の準備だったのかもしれないが今回はゲーマーズもアニメイトも表紙と同じイラスト
メロンブックスも表紙と同じかと思ったらラクネラに押し倒されているのが公人でなくてミーアになってました

話の内容はこれまで雑感記事でちょこちょこ触れていたので軽く

前回巻末で公人の首を狩ったように見えたデスサイズだが実は首をひっかけた部分は刃はなく、へこんでいる作りで命に別条なし
その本人と共に帰宅したのは首のないゴシックスタイル?違うか の女性
首がないので当然会話が成り立たず、本体?を求めて探索、公園内で転がっていた本体を発見
しかしその直後 家では残っている身体を使って居残り組ののラクネラが縛りを楽しんだり、スーがまとわりつくエロ展開に突入 
警邏中の警官にもだえる首を抱えているところを発見されて揉め掛けるもパピが頭から突入してうやむやに
帰宅してデュラハンについての話をしていると「死神」であるデュラハンがやってきたのは命を狩り取られるものがいるのでは?ということになり、本人から公人が死に瀕していると告げられる

宣言を受けてデュラハンから遠ざけようとするミーア達だがいつもの如く、受難を受けるを公人を見て死に瀕しているのは本当ではとセレアが逃避行を謀ったりメロが忘れ形見を作ろうと思ったりと暴走
しかし公人は意に介さず、同居人達による負傷はいつものこと、更に死の運命なんてないとあっさりと看破
墨須もやってきて事情を聴くと単なるデュラハン・ララの狂言
なぜ公人があっさりとそう解ったのかというと自分もララと同じく過去に中二病を患っていたため
以後 ララも公人宅のゲストとして加わることになる

同居人増加に伴ってエンゲル係数の異常高値に頭を悩まず公人
更にミーアの毒物製造で冷蔵庫は空になり、安売りを見越して荷物持ちも兼ねてみんなでスーパーへ
臨時休業でスーパーでなく商店街に足を運んだ一行は異種族と褒め殺しで食料をゲット
スーに連れられてやってきたドライアドのキーにより山菜をゲット ここでスーが毒の可否を判断する便利ぶりや毒(舌)を吐いたりしてます
更に久々にコボルドのポルトが登場 異種間交流の一助として特定外来種のアメリカナマズを釣り上げており処分するところを食材としてもらい受ける
大量の食料を確保したがキーのところで山菜を大量に採取したところを見ていた墨須がモンスターオブニューロゥの面々と共にやってきて結局元の黙阿弥
呆然とする公人は墨須から食費は経費で落ちると聞いて脱力することに

ラクネラメインの話
半人半蟲という外見から最初のホストファミリーに拒絶された当時の夢をみたラクネラ
その日 以前のホストファミリーから受入移譲の連絡が届く
公人が過去の食費の経費申請に役所にいっていないところに以前のホストファミリーの九菜月レンが話し合いに訪れる
ミーアたちは異種族を受けれる覚悟としてミーアの料理を食べたり、スーにセクハラ受けたり、セレアに諭されたりするが肝心のラクネラは正規の手順を踏んでいるのならと周りが思っているよりもあっさりとした対応で荷造り
帰宅した公人にレンが説明するがラクネラを受け入れることを試練と考えている人には任せられないとあっさり一蹴
ラクネラに届いた手紙と一緒にミーア、パピ、セレアにも手紙が届いていたが改めて開封するとそれぞれの母親がやってくる事前連絡だったことが分かっておしまい

あとは先月号リュウに掲載されてた4コマ

次は2015年春発売と巻末にあるがまだ収録される話は一話も本誌に掲載されてないんだよね・
今秋発売のリュウ掲載分からか

カバーしたはデュラハンのひみつと食べ物で遊んでいると思った公人がララに御立腹の漫画となっている





nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

続刊雑感 食戟のソーマ 9 [続巻雑感]


食戟のソーマ 9 (ジャンプコミックス)


表紙は極星寮三人娘 吉野 榊 田所


薙切アリスとの秋の選抜本選 一回戦弁当題材対決の創真の評価の続きから
前回巻末で蓋を蓋を開けて審査員が驚いたいた原因はのり弁なのにご飯のうえにのりでなくキャビアやとんぶりのようなつぶつぶがのっていたため

それをみたアリスは自分の得意分野である分子料理の手法と理解して創真に確認すると知育菓子からヒントを得たものだと答える

更にご飯の中層には佃煮、最後の容器にはくず餡が入っておりご飯にかけて〆

審査員よりアリスの料理が宝石箱なら創真の料理は宝箱と評する
審査員長である薙切仙左衛門によりアリスは自身の技術を当てはめただけで弁当としての楽しさを出した創真が上と判断を下される

続いて2回戦
極星寮生の田所恵と薙切アリスの付き人 黒木場リョウがラーメンで対決
今のラーメンの事情から意地の悪い課題と相談する審査員たち 仙左衛門はこの対決で試されるのはこれまでで培ってきた自分の力をどこまで出せるかの瞬発力と審査を待つ

調理中のスープの出汁とりの様子から魚介系濃厚スープと会場内は判断
田所恵はお題発表時に用意する麺の発注から濃厚スープと予想し、対抗手段に迷っていたが母からの小包で方向性を決めていた

会場が目にする田所の作業から予想されるのはホタテの出汁を使った淡麗系の魚介スープ
濃厚さに対抗するにはインパクトが弱いと声が上がるが田所に迷いなし

応援する極星寮の面々のもとに現れたアリスはリョウも港町出身であることを説明し出会いを回想

同時にリョウは次の工程に移り、エビを使って出汁の追加に入る

リョウは「料理は力」だって言ってたけど鉄鍋のジャンのジャンを思い出すなあ アレは「料理は勝負だ」だったけどね

審査員たちの間近の調理見学、トッピングの作成を経て先にリョウが審査を受ける

スープ・ド・ポワソン ラーメン は魚介濃厚スープ トッピングはチーズにラスクに天かす 
トッピングにまで魚介のうまみを入れ込み、仙左衛門の「おはだけ」を引き出す

続いて淡麗ラーメンを配膳する田所
審査員は田所の印象とスープ・ド・ポワソンのインパクトに適うには弱いと判断していたのだが

食してみると見た目に反して強烈な旨み
こづゆ鶏醤油ラーメンは白湯スープだがこづゆと干し野菜からの旨みが出ており、更に味を変える小鉢のトッピングで審査員の事前の評価を覆す

リョウは田所のラーメンを試食し、更に自分のラーメンの試食も田所に勧め、JOJOのようなスタンドシーンが展開される

仙左衛門による勝者判定はリョウに上がるもこづゆ鶏醤油ラーメンにより仙左衛門の褌が「おはだけ」していた

この日の対戦は終了し、明日の対戦に挑むイタリアンのタクミ、スパイスの葉山アキラ、薬膳の新戸 緋沙子が翌日の対決を控えて昂っていた

翌朝 本選二日目 会場入り前の本選出場者最後の一人美作昴と出会う創真
そこで昴の信条が「微に入り細を穿つ」であることを聞かされる

最初は葉山アキラと新戸緋沙子がハンバーガーで対決

まずは新戸緋沙子がすっぽんというハンバーガーには不似合いな食材で調理、審査に掛かる

すっぽんのゼラチンを生かした食感を支配した料理と評価を得るが創真とと共に見ていた昴は葉山リョウが勝利することを見越すところで終了

この巻で既に美作昴のストーキングぶりは披露されているが現在のジャンプでの創真との対決でも同じくストーキングをしてるんだからどうやっても父親のことまで暴かれてるはずだよな

じゃようやく薙切えりなは創真が憧れの人の息子だって分かるんでしょうか?


nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

続刊雑感 食戟のソーマ 7 8巻 [続巻雑感]


食戟のソーマ 7 (ジャンプコミックス)


表紙は主人公 創真の当面のライバル? 葉山アキラとその所属するゼミの教師 汐見潤

秋の選抜 予選の続き
創真の作るカレー料理がリゾットであると判断した葉山アキラ  鍋の中から薫る匂いの秘密を気に掛けるがここでは判明しないまま


あとは予選出場者の対戦&極星寮生の実力判明回

B組会場ではモブ参加者が海千山千の審査員に辛辣な評価を受ける中

煮込み料理が得意な貞塚ナオは漆黒のラクサカレー(麺) 84点
薬膳料理が得意な新戸 緋沙子(通称 秘書子)は薬膳カレー 羊肉四物湯カレー 92点
極星寮生でジビエ料理を得意にする吉野悠姫はジビエカレー 86点
50年続く中華料理の跡取り北条美代子はボォルオカレーチャーハン 87点
イサミ・アルディーニはトマトを使ってカレーパンに発想をえたカルツォーネ 87点
タクミ・アルディーニは和食を取り入れたカレーパスタ 90点
薙切アリスは温度間の差を利用したカレー料理を作りだし(料理名言ってないよな) 95点

最後となった田所恵は地元のアンコウを使ったアンコウのどぶ汁カレーを作り 88点で4位となりBブロック予選を通過する


A組予選審査では
黒木場リョウ 伊勢エビのフレンチカレー 93点
水戸郁魅はトンポーロウカレー丼 86点
極星寮からは
発酵食品が得意な榊涼子は納豆カレー 86点
丸井善二は白のポタージュカレーうどん 88点
燻製を得意とする伊武崎峻は特製スモークカレー 88点
となり 葉山と創真の審査を前にしたところで終了







食戟のソーマ 8 (ジャンプコミックス)


カバーしたは表紙と同じ構図で一色先輩がいつものふんどしになってます


葉山アキラの審査から
冒頭に葉山と教師の出会いのシーンがあった後、審査員にフィッシュヘッドカレーでなくパイ包みされたカレーが出される

閉じ込められたカレーと配合された希少スパイス ホーリーバジルにより葉山の言うように香りの爆弾となり、審査員から高評価でトップの94点

続く創真が出したのはリゾットでなくオムレツ
その理由は葉山と同じく香りを閉じ込めるためのものでしかもリゾットと表面のソースで香りが混ざる「カレーリゾットイムライス」

その評価は93点と2位となるが審査員5人中3人は葉山よりも創真に点を与えており意見が分かれることとなる

予選が終了後 極星寮で慰労を兼ねたパーティーが催され、翌日先輩の一色に頼まれて創真と田所は仕事を手伝うことに

その後 美作昴が登場し伊武崎と丸井を上回って予選通過(ただし何点が付いたのかは明かされていない)



子供料理教室でやんちゃ盛りを纏めて餃子作りで息抜きを行う

8人の通過者たちで本選開始

一回戦から登場した創真とその対戦相手は薙切アリス

薙切一族であり、分子美食学を武器に最新機器を運び込む様子にどよめく会場だが創真はいつもと変わらず

お題 「お弁当」 制限時間2時間 に取り掛かる

前日に伝えられた対戦相手とお題に対し 創真は定番ののり弁に着目
王道といえるのは味を纏めた総合力があるからとレギュレーションを確認、同じ極星寮の発酵食品のスペシャリスト榊との会話にヒントを得てアイデアを試作していた

薙切アリスは手毬寿司

一口サイズの寿司 それぞれに趣向と最新技術によって作られた完成度で学園長のおはだけと会場の観客の沈黙を誘う

年齢にそぐわない力を見せたアリスに対して創真は普通に魚のフライを揚げ終わり、自身の弁当 5人前を完成させる

ランチジャーによって暖かい状態で審査員に出された複層ののり弁当

おかずの段の磯辺揚げ 金平牛蒡 魚のフライ
汁物はベーコンと玉ねぎの味噌汁

見た目は地味でも丁寧な仕事とマグロ節を使った出汁によりのり弁を見た観客の印象を覆す評価

それでも余裕を崩さないアリスだが創真はアリスの弁当は料理として美味いだろうが弁当としてはどうなのかと問いかけるところで終了

最後に特別編として「夏休みのエリナ」が収録されている



面白いけれど既に8巻
遠月10傑のうち登場したのは未だ3人だけ  別に全員を登場させて対決させる必要はないとは思うがこのままいくと巻数が伸びていきそうだよなあ

面白いままで巻数を伸ばせるのか難しいところじゃないかと・・・ただでさえ料理漫画なのでネタがそこまで持つのかどうかと心配になる









nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

続刊雑感 愛気S 2 [続巻雑感]


愛気ーS 2 (ヤングキングコミックス)

愛気ーS 2 (ヤングキングコミックス)

  • 作者: ISUTOSHI
  • 出版社/メーカー: 少年画報社
  • 発売日: 2014/04/16
  • メディア: コミック




舞台は変わらずアメリカの兵士研究施設?

前回終わりでブルを操り人形にしてスポーツ選手と戦ったが相手にならず、武道家が相手では?ということで対面することなった以前の烏丸の部下イノとシカ

イノシカコンビは承久がブルが操り人形として担いでいることを知りつつ対戦するが東欧で左手だけとはいえ全盛時の90%まで回復した力に全く力が及ばないことを実感したシカはイノを収めて承久側につく

以後承久の依頼で承久の師として騙しているブルの護衛につく

その後 承久、ヴェロニカの参加を受けてフランスからチーム オルレアン、ドイツから黒月旅団、スペインの赤の鉄騎兵と武闘集団が次々来訪

単なる武闘の集団の範疇ではない連中が集まったことで腕をあげたいイノシカは状況を楽しむ

ブルが承久を従えてるとの情報を鵜呑みにした3集団は面会を申し入れるがそれに適う実力を持つかテストを持ちかける承久

黒月旅団のテストは柔術家 対するはシカ

真っ当な柔術ではなく、緩衝ゲルとケブラー製の道着に〆技固定用の武器まで使う相手だったが過去の対承久戦で「読み」を上げたシカは冷静に対処し組みつかれたことを利用して相手毎落下 相手をクッションとすることで勝利

次は赤の鉄騎兵とイノとの対戦
鉄騎兵からは鎌使いのジュリエッタ、対するは同じ鎌使いのイノとなるがジュリエッタは義眼にレーザーポインターを仕込み、更に鎌からは瞬間接着剤
武道家でなく、プロの武闘集団の戦い方の上に頭に血が上ったことで突っ込んだイノは惨敗

次の審査はオルレアンとなるはずだったが承久は確保した和食材をオルレアンに食べ尽くされた腹いせに食べすぎたせいで下痢

オルレアンからは最年長の盾使い、承久側からはドルニエ
しかしその最中に下痢でダウンしていた承久はオルレアンの大女カサンドラに確保されて終了
その場で承久が脱糞するというおまけ付き

続いて黒月旅団の審査に移るが自分に勝った承久の情けない姿に立腹したヴェロニカが対戦相手となり一瞬で終了

その後下痢が治った承久は縛られたままだがフリチンで恥をふりまきながらあっさり脱出
拘留されていた間にオルレアンの実力を測っていたが中に一人とんでもないのが混じっていたという承久

負け続きの黒月旅団は団長が到着し団員に灸をすえるが日本のアキバにオタクショップを経営していたりと黒いのかギャグでやってるのかよくわからない集団のまま

赤の鉄騎兵の審査に承久自身が出ることにするが施設側からは承久一人に対して鉄騎兵3人で対戦することを提案 承久は問題なく了承

レーザーポインターと仕込み鎌使いのジュリエッタ、重量を球体に込めて体当たり攻撃するパンチョ、リーダーの全身刃物での格闘術に挑むところで終了




nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

続刊雑感 九泉之島 2巻 [続巻雑感]


九泉之島(2)

九泉之島(2)

  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2013/12/06
  • メディア: Kindle版



もっと続くのかと思いきや本誌で読んでて えっこれでお終い? って思ってしまった

冒頭で儀式「神喰」に繋がる過去に忌地への侵入を試みた者たちの様子が少し描かれている

神社の長男菊臣が殺されたことで本家の謎と正面から向かい合うことにした勇磨は紫居と緋居に直接尋ねる

神喰とは何か その事情を刺青にして伝える双子から本家屋敷奥に捕えられた牛頭人身の「神」を見せられる

神が災いを撒かないように神の心臓を喰い続けることが鵺哭家の儀式の本質であり続ける理由だと判明

しかし菊臣を殺めたのは紫居たちではなく、疑問に思ったところに現れたのは4人の牛頭女

彼女たちが語ったのは菊臣が神を知ったからではなく(実際神に辿りついていない)、忌地に入ったために殺害したと告げる

男の命に価値がないとも言う牛頭女に案内された忌地の中にいたのは冒頭で語られた過去に忌地に入ろうとした男たちの末路

神の血を飲まされてアンテッドのような姿になり、外界に出ないよう洞窟の牢に囲われた状態で老いず、死なない。

鵺哭家がは神の心臓を食らうことで女しか産まれなくなり、島の男は鵺哭の女を避けた。
そのため島の外の男に神の血を飲ませて変化しにくかったものと契ってきたこと、そうしていずれ鵺哭に男が産まれたならその血を増やして一気に神を食らい尽くすことが目的
そしてようやく鵺哭に生まれた男が勇磨だと明かされる

(宿屋とか島の女が勇磨に色目を使っていたのは勇磨と子を為すことが前提だったからだと思うけど
それなら島の女たちって全員鵺哭家の秘密を知ってるったことになるけどどうなんだろ?神社の主輪子も知らなかったみたいだし)

牛頭女がその恰好をしてるのは姿を模して神の呪いを避けること、やってることは神を守りつつ、神を終わらせる手段である鵺哭家のために存在してると自らを語る 
(読み直してもこの理屈がよぉわからんかった)

勇磨は自分の意思で儀式に臨み、神の血を飲み干しても自我を失った不死人にはならず、更に神喰(神の心臓を食べる)に向かおうとする

しかし同時に村で行われていた祭りの会場に不死人が現れて混乱を来す
勇磨は祭りで供されていた鍋の中に神の血が入っていることに気付くが増える不死人に対して安全を確保することを優先 鵺哭本家に無事な人間を招き入れることにする

だが本家には火が放たれており、事件を起こした何者かに対処するためと牛頭女に提言されたのは忌所に引き込もって神に対して耐性のある女に勇磨が子を産ませていずれ島の呪いを終わらせるということ。

そこに不死人になった菊臣が現れて更に犠牲者は増える

港に向かおう勇磨と別れた一同をは同行していた勇磨の従姉妹で鵺哭の人間でありながら牛頭女側でもある美春に突き落とされる

その口から10年前に交わした勇磨と結婚する約束のため障害を排除するために今回の事態を引き起こしたことが語られ、
自らも神の血を飲んでおり、その力によって同じ牛頭女たちを圧倒

一方で不死人は忌地に向かい、神が解放される
美春の力の源である神を殺すために忌地に向かった勇磨は神に一撃を与え、殺すことはできなくても弱らせることに成功

追い付いてきた美春に対し 救うか殺すか どっちを選択するかと問われたところで物語は終了


牛頭女(女頭首っていうのかな)の勢力と鵺哭の関係と結局本質を知らなかった神社の役目や神社が娘の美澄と勇磨でやろうとしてた儀式がなんなのかとか(これって神の心臓を食べるのと関係がないよな 神社は事情を知らなかったわけだから)  何回か読み直したけどあんまりしっくりこないまま終わっちゃったね
勇磨の祖母が自殺だったのは美澄が語ったことで判明したけれど・・・いまひとつしっくり来ないというか、そこまで主人公を党首としての指名に縛りたかったのなら遺言でもいいし紫居、緋居に伝言として残しておくほうが確実だったんじゃ?

主人公との再会のあと祖母が紫居、緋居に対して言ってたがんばりがい?ってのはなんだったんだろう
美澄が言ってたことからより確実に神に対する抵抗力を持った子を作るには叔母に当たるが本家筋である紫居、緋居が相手であるのが良策らしいのでそのことを言ってたのか?


あとがきで「三頭島の真相につながる謎はすべて描くことができました」ってあるんだけど
描ききったといっていないことから打ち切りだったんかなぁ? 人気があったかなかったのか知りませんけどね

プールにデートに行った勇磨と美澄の前に牛頭4人衆や紫居、緋居の二人が乱入するおまけ漫画あり











nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

続刊雑感 弱虫ペダル 31-32 [続巻雑感]


弱虫ペダル 31 (少年チャンピオン・コミックス)


弱虫ペダル 32 (少年チャンピオン・コミックス)


31巻は箱根学園の世代交代を描いた3年壮行レースの続き
残り500mで新旧アシストから発射された元エース福富と新エース葦木場

箱根学園のエースは同じ相手には2度負けてはならないという福富の言葉を受けて葦木場はメトロノームダンシングで勝利する

2年に進級した総北自転車部はインハイ総合優勝のおかげで入部する人数も増える
総合優勝を獲った小野田だが相変わらず通学はママチャリ

大阪でスプリンターを掛けたレースに負けた鳴子はスプリンターをやめてどのタイプに進むことになったのかは不明なまま

新一年生で即戦力の実力を持つ鏑木一差、段竹竜包が加入し、前年に見学に来ていた杉元の弟、定時も無事に入学。キャプテン手島、副キャプテン青八木の新体制が始まる。

一年生ウェルカムレースの結果でインハイレギュラー入りの確約を狙う鏑木と段竹、そして2年生だが手島への直談判でレギュラー入りを目指してレースに出る杉元

社会人を含めたチームで走ってきた鏑木と段竹、前年のインハイ後にレギュラーメンバー入りを目指して地道に力を付けてきた杉元の3人のレースになるが2対1、そして仲間が乗ったサポートカーに置いて行かれたことで気持ちが途切れかけるが弟:定時が追いついたことで再度アタックを掛ける

4人でゴールスプリントを行い鏑木と杉元で争った一位は鏑木
やりきって二位だった杉元はラストチャンスとして挑んで負けたことを納得するが悔し涙は止められず

3年手島、青八木、2年 小野田、鳴子、今泉に続いて6人目の鏑木が決定し、インハイに向けて早めの調整にはいる。

後輩たちの様子を語る前チームの中で総北の金城、箱根の荒北は同じ洋南大学におり、自転車部にいることが判明、そして箱根の新開と福富は早明大の自転車部いるとのこと

小野田が一年時の時にやったようにウェルカムレースに続いて個人練習
鏑木に付いたのは小野田 
全国優勝者の貫禄がなく、一年にも下手にでる小野田に不満だった鏑木だが学門裏坂をハイケイデンスで登る小野田の姿に感服する

今年度のインハイが栃木のいろは坂を走ることが明かされ、昨年の坂の二倍の標高に挑むことになる

インハイ出場を懸けた県大会は鏑木にチームに入って走ることを理解させる内容となる
パンクをした鏑木を残る5人のレギュラーは待ち、周回遅れの失格の危機になりながらも圧倒して1-6位までを独占

しかし昨年は3年だけでインハイを決めた時と違い、インハイレギュラー全員で予選に挑んだために各校の偵察の目は厳しい

その報告を聞いた京都伏見の御堂筋の傍には新たなレギュラーメンバーが控えていた





nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

続刊雑感 食戟のソーマ 6巻 [続巻雑感]


食戟のソーマ 6 (ジャンプコミックス)


相変わらず刊行ペースは早い
表紙は薙切えりなの従姉妹 薙切アリスと側近の……名前なんだっけ

十傑の一人 叡山から相応の舞台で潰すと宣言された後より

十傑の会議で一年生、秋の選抜に出場するメンバー60名の推薦が決まる
この時点でまだ十傑はこれまで登場した3人だけしか顔出しはなし

発表された秋の選抜への出場メンバーは創真が身を置く極星寮から 麹料理の榊、ジビエの吉野、燻製の伊
武崎、創真、田所、丸井の6人の出場が決まる
イサミ、タクミのアルディーニ兄弟や水戸郁魅などこれまでの登場人物も選ばれ、薙切アリスから十傑メンバーは過去に秋の選抜の本選出場経験があることを伝える
一か月後の選抜に向けてそれぞれが気合を入れる

寮母の ふみ緒が黄金時代の再来を祝うところにやってきたのは創真の父親 城一郎

寮生が揃ったところで自分の父親が卒業生で遠月リゾートの総料理長:堂島銀に継ぐ2席だったことが説明され、寮生たちに料理をふるまう

創真の部屋303号は城一郎が使っていた部屋だったり極星寮が学園事務関係者に知られてなかったり、城一郎がニューヨークのホテルで料理をしたら匂いに釣られてきた坊さんは理由があったりとか判明

翌朝 寮生への朝食メニューで「朝イチで元気を出させる一品」で父親との勝負を行う

創真の「林檎の洋風がゆ」に対して城一郎は朝から「城一郎特製こってりラーメン」

しかし 肉も魚も使わずに出したコクで創真の料理よりも試食人全員の要求を満たしたメニューに敗北し、490敗目となる

そして秋の選抜の課題はカレー料理と知らされて城一郎の言葉で極星OGの教師 汐見潤を訪ねる

城一郎の息子ということで敬遠されてながらもスパイス理論の汐見、実践するものとしてその助手を務める創真達と同じ一年の葉山からスパイスの深さを教えられる

葉山が大きなライバルとなることを感じながら迎えた一か月後、

秋の選抜は参加者60名をABの2ブロックに分けて各ブロック4人だけが通過者となる

調理を終えるまでが本巻の収録でその料理や評価は今もジャンプ本誌で継続中



おまけ漫画で丼研の一幕がありました



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

続刊雑感 許嫁協定 3巻 [続巻雑感]


許嫁協定 (3) (カドカワコミックス・エース)

許嫁協定 (3) (カドカワコミックス・エース)

  • 作者: フクダーダ
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店
  • 発売日: 2014/02/01
  • メディア: コミック





2巻の最後で紅林智が許嫁協定参加者と同じ指輪を嵌めて同列に立ったところで終わっており、この3巻で一話の表紙に指輪を嵌めていた5人の女性が勢ぞろいするのかと思ってたら話進んでなかったですね

智の回想で許嫁協定に参加することになった過程が語られるが扇黄珠代、黛紗苗、藍京莉歌の三人が智の部屋に許嫁協定の参加者の証の指輪を持って参加を促してくる。最初は三人の申し出に反発していたが熱くなりやすい智はあっさりと乗せられて参加を了承

指輪に気付いた学校の友人に事情を聞かれて話すも返ってきた感想は最強の盾と矛を封じられてアウェイで戦ってどうする?ということ

その意味がわからない智が詳しい説明を求めると 

矛-許嫁協定の項目で肉体関係を持つことは禁じられているが自分は自由
盾-許嫁協定の期間は高校生活の間だけでそれを過ぎたら航に干渉しないこととなっているため航が3人から誰も選ばなければその後も一緒にいる自分が選ばれる確立が高い

という許嫁協定に入っていないために肉体関係を結んで攻めることと、航が3人の誰も選ばないまま高校生活を終えれば以降は近づけないので智の一人勝ちが狙える。
許嫁協定に参加させることでそれを封じられたことをしり、更に参加するために処女検査までされたことを思い出して後悔する。

しかしそのままでいるわけではなく、一緒に遊びにいくことを航に誘われていたことを利用して自分からデゼニランドを希望
航も智が許嫁協定に参加した真意を聞きだすつもりだったが珠代と紗苗の乱入によりうやむやになる

最後の話では珠代が航に好意を寄せる原因となった過去の出会いの話が語られる
それによるとあったのはたった2度?のはずだけど 膝枕してるシーンはなかったよな 
2巻で膝枕してた過去のシーンがよぎってたけどな


カバー裏は黛紗苗の水着イラストとなってます











nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

続刊雑感 食戟のソーマ 5巻 [続巻雑感]


食戟のソーマ 5 (ジャンプコミックス)









表紙はタクミ イサミのアルディーニ兄弟

カバーの下は前巻より登場の薙切アリス

遠月リゾートでのホテルの朝食ビュッフェ 200食到達課題の続き


薙切えりなはエッグベネディクト、薙切アリスは3つのフォームの卵プレート、水戸郁魅はミニロコモコ丼(食戟の結果とはいえ真面目に丼研のメニューを試作していたものを使用)でリゾートホテルの客にアピール

創真はミニスプレオムレツを作るがえりな、アリスの予想通りの選択ミス
実家の定食屋のように注文を受けて作り立てを客に出すのではなく、作り置きしているものを客が選ぶスタイルでは作りたての触感が生かせない。

8食だけの結果のまま残り時間30分となり、焦りから落ちついた創真はメニューを変更することなしに客を捕まえ、目の前で料理を見せた上で作り立てを饗するライブクッキングで挽回
ギリギリで課題条件を達成する

その後絡んできた薙切アリスに自分の無知と失敗をあっさりと肯定、失敗を学んだことで先に進む


合宿5日目夕方 352人が退場、クリアできた628人に試験官としてやってきていた遠月学園卒業生によるフルコースが振舞われて合宿は終了

遠月リゾートを後にする時に現役の料理人でありオーナーでもある卒業生達が試験官を引き受けた理由である学生たちの卒業後のスカウトを受ける。
そんな中、遠月リゾート総料理長の堂島は幸平創真にかつての親友の面影を見て、学生時代の親友:才波城一郎の息子だと気づく。



『秋の選抜』を控え、合宿後の連休中を極星寮の面々もそれぞれに過ごし創真は一度実家に戻る。

創真が戻ってきたことを知って詰まってきた人達のために定食屋ゆきひらを臨時開店することに

そんな中、消沈している商店街の旦那衆
話を聞くと駅ナカの商業施設に人の流れを奪われて死に体の様子
特にブランドとなっている有名な唐揚げ屋の存在を聞かされる

中学の同級生の倉瀬真由美、唐揚げなら鶏肉、肉ならばということで召集された水戸郁魅の3人で試作を繰り返し、からあげ専門店もず屋に敵情視察にも行くが名案は浮かばない。

創真は学校帰りの学生を見て同じ唐揚げでも家に持ち帰って食べるもず屋と違って、食べ歩きと夕食前に食べることを念頭に試作を作り上げる。

これによって人の流れを戻すことに成功するももず屋のコンサルタントを担当してたのは遠月学園十傑の第9席 叡山枝津也 

下に付けと接触してきた叡山に対して拒否する創真に対して潰すと宣言


今回で田所が卓球が得意であることが明かされるが似合いすぎ




nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

続刊雑感 奇異太郎少年の妖怪絵日記 六 [続巻雑感]


奇異太郎少年の妖怪絵日記 六 (マイクロマガジン☆コミックス)

奇異太郎少年の妖怪絵日記 六 (マイクロマガジン☆コミックス)

  • 作者: 影山理一
  • 出版社/メーカー: マイクロマガジン社
  • 発売日: 2013/12/26
  • メディア: コミック




Webコミックからの単行本もこれで6冊目

表紙は座敷わらしのすず

前半は牛鬼襲来事件を発端に離れの主 奇異太郎と離れの座敷わらしすずの仲が悪くなり、妖怪の登場をこなしながら事態は収束せず、両陣営に分かれての妖怪大戦争に発展
タイトルは大戦争だが内容はほほえましい感じ 結局収まるところに収まる

あとは日常の中で訪れる妖怪たちの話で箒神、ぬっへっほ、天井下がりなどの登場のあと、天井を押し破って足洗いが登場

ぬっへっほの回ではお土産の肉片を食べてしまって乳から絞り出せと揉まれたり、足洗いが女妖だったことからお姉ちゃんもぼーぼーですか?と言われたりと狐が太郎にセクハラかまされてます

今回の最後辺りに収録されている鶯浄土がWebで発表された後にしばらく更新がなかったんでこれで終わりかと思いましたが今は更新されてます

そういえば雪ん子は冬の訪れとともに登場しましたが作中ではもう春になるのだが次の冬までおやすみなのだろうか? 母親も雪ん子も人間とのハーフなのでいずれは平気になるそうだけど

今回の描き下ろしの話は「妖狐の秘密」
狐の尻尾をどうやって着物から出しているかを疑問に思った奇異太郎の話

カバーを取ると食卓で蟹を出されたコロッポックルの様子となっています




nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

新刊雑感 史上最強の弟子ケンイチ 54巻 [続巻雑感]

史上最強の弟子 ケンイチ 54 (少年サンデーコミックス)史上最強の弟子ケンイチ 54 OVA付き特別版 (少年サンデーコミックス)










今回もOAD付きの限定版も出てたけど前みたいに中身のコミックスの装丁が通常版と同じだったら嫌なんで通常版で購入

表紙はYOMIのオーディン(龍斗)とアタランテー(小頃音リミ)
カバー下はデフォルメで試合中もアタランテーの金のサンダルが気になる美羽
カバー裏は美羽とアタランテーが裸で向き合ってるエロい絵になってました 作者も「あれ?やりすぎた?」っていってますな

内容はほぼYOMI対新白連合の続き

緒方一心斎の登場で一呼吸置いたルグと武田
武田のわーぷぱんちの気の運用を説明しつつ二人の対戦を見守る
ルグは武田の左手首を外すも完治した左手を傷つけられたことで激昂 それをきっかけに自力で気の解放を行う
ルグは武田のパンチを受けて肋骨を犠牲にしながらも相手に接近、延髄を折りにくる
武田は自ら相手に密着し、ボクシングの組技(近接技)クリンチでレバーを打ちルグを沈める
ルグに興味を失くし去ろうとする緒方を呼びとめる武田だが出血により意識を保てず。

気の解放で動の気の暴走状態の美羽とアタランテーの戦いを戦いながら目にするケンイチ
その様子からジュナザードに作られた人格が現れつつあるのを感じ取り バーサーカーを流水制空権で突き離して呼びかける。
気の解放を運用を納めたアタランテーに押されていた美羽だがケンイチの呼びかけに美羽は暴走を抑えきり動の気を制御に成功 逆にアタランテーを追いつめる

弟子同士の観戦にやってきた緒方にアタランテーは静動轟一を願い出る
美羽に弟子を実験台としたことを責められるが武術平等論を展開して責任は認めるが教えを請うものがあれば授けるといい アタランテーに伝授 
山ごもりで途中まで行っていたとはいえ口頭指示だけで静動轟一を発現してみせたアタランテーは美羽を追いつめる
美羽は相手を殺さずに止められるかを迷い、龍斗は師である緒方にアタランテーを止めるように請う

緒方は武術平等論の元にアタランテーの技の制御を拒否、暴走の末に筋組織の崩壊が始まり、美羽の一撃を受けたことで勝負は決まる

冷静に静動轟一を分析する緒方。 叶翔がうまく運用していたのは発現中の平常心が重要だとオーディンとアタランテーの失敗から結論付け、次の弟子へのヒントとする様に美羽が蹴りを放つも右手一本で押し返される

梁山泊と同じレベルの達人である緒方に敵わないとと分かった上で自らの信念のために挑むケンイチ
当然弟子レベルの技は通じず、自分が攻撃した部位へそっくりそのままの威力で返される始末
無拍子も返されて倒れたケンイチは次に来れば死と宣告を受けるがそこに龍斗が加勢

気の乱れを戻す作業のための車椅子から立ち上がり、30秒だけの時限静動轟一を用いてケンイチと二人で緒方に挑む

巻末のおまけ漫画は闘忠丸のわらしべ長者






nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

続刊雑感 モンスター娘のいる日常 4巻 [続巻雑感]


モンスター娘のいる日常 4 (リュウコミックス)



上半身女性下半身クモタイプのアラクネ種族のラクネラ・アラクネラ姐さん登場巻

前巻登場の悪徳映像制作会社の監督をホストとして(本来のホストファミリーの事情に付け込んで金を積んでの不正行為)暮らしていたラクネラは他種族を受け入れてうまくやっている公人を偽善者として買い出し帰宅前を攫う。

墨巣は他種族交流法に基づいて包囲のための警官や実力行使のためにMON(モンスターオブニューロゥ)と共に駆け付けるが公人が蜘蛛の下半身をカッコいいと言ったり包囲した墨巣の言葉を自分のことと勘違いするお人よしのさまを見て コーディーネーターの墨巣に条件を付けて公人宅のゲストの一人となることに。

ラクネラがやってきたことで糸で遊ぶことでご機嫌のパピとその真似をしている?スー、クモをカニと勘違いしているメロは変わらないが、新たなライバルにミーアはラクネラに挑んで縛られて完敗。セレアもラクネラにつっかかると思いきや公人にべったり。夜這いにきたラクネラから公人を助け出して町にでるも交流法を盾にとる不良に絡まれる。
追ってきたラクネラに助けられるがセレアが心情を吐露して和解。ところがオチとしてセレアはラクネラの縛りの犠牲者に。
この回で公人の両親は海外出張のための不在で他種族のホストファミリーになってることを知らないことが判明



運動不足で太ったセントレア、メロ、ミーアは墨巣の勧めもあって他種族用のスポーツジムへ
鉱山を所有するためにお金持ちのコボルト種族が経営するスポーツジムにいくが下半身が魚、馬、蛇の三人は一般的なトレーニングマシンが使えないのでプールで泳ぐことに 
メロの泳ぎをほめる公人にミーアが勝負を挑むも温水プールの温度26度はミーアにとってはまだ低かったのと消毒のために塩素が入ってることでメロも不調に。 泥仕合になったが両者が必死にゴールする前にすでにセレアがゴールして勝者の褒美は公人と手を繋ぐということでセレアが消費

公人が一人で出かけたことで後をつける面々
待ち合わせで現れたのは墨巣で二人の行動を尾行・監視。
メイド喫茶ではスーが服に化けることでメロが監視、ゲーム発売イベントの前ではスーが化けた服とパピが監視するもパピの暴走で失敗(主にエロっぽく)
屋外カフェでは移動販売の売店で下半身をかくしてミーアとセレアが監視するが2人分の服をスーで擬態していたことと客が殺到したことでこれまた失敗(当然のごとく服が取れる方向で)
その後ホテルに入った2人をラクネラとミーアが追うが中にいたのは二人だけでなくMONの面々
その理由は公人に届いた脅迫状にあるためなのだが犯人の炙りだしのために順番にデートをすることになる


おまけ漫画は有翼種族であるパピに尾羽があったら?というもしも漫画となってます

カバー下はラクネラ姐さんをサンプルにアラクネ種族の外観解説とコボルト種族がなぜお金をもってるのかのおまけ漫画












nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

続刊雑感 史上最強の弟子ケンイチ 53巻 [続巻雑感]


史上最強の弟子ケンイチ 53 OVA付き特別版 (少年サンデーコミックス)

史上最強の弟子ケンイチ 53 OVA付き特別版 (少年サンデーコミックス)

  • 作者: 松江名 俊
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2013/09/13
  • メディア: コミック





OVAには興味ないのなら通常版でいい ともかく今回のは2話収録で高い
それに限定版だけれどコミックは通常版と全く同じで表紙イラストとも背表紙に限定版なども記入はなし
さすがに限定版のBOXイラストはコミックの表紙とは異なってますけどね

表紙はケンイチと美羽 カバー裏は美羽 カバー下は美羽とログとなってます

ログとの対決はケンイチと宇喜田が入ったことで引き分けとなった武田 師の志波に怒られるかと思いきや無事でいたことをほめられ、他の格闘技に対して拳だけで戦うボクサーとして対武器組みようの技の伝授に掛かろうとする。骨休みの遊園地にいくこととなったため小遣いを渡すほど丸くなった志波。

新白連合の面々で遊園地で遊ぶが夜の部に入り人はいなくなり、不信に思ったケンイチの前に現れたのはバーサーカー、ジークの前にはハーミット、蓮華の前にはカストル  キサラには千影 武田にはルグ、フレイヤにはオーディン、美羽にはアタアンテーと闇の弟子YOMIが殺人によって一皮向けるために戦いを挑んでくる。

バーサーカーは我流のまま肘での制空圏を展開したりアタランテーは山篭りのせいかで美羽に打ち勝つなど押され気味の新白連合

杖を持たないフレイヤは無手で挑むもオーディンに押さえ込まれ、美羽とアタランテーは互いに本気で挑み、空中戦やコースター上での戦いを続ける。
すでに動の気の開放まで進んだアタランテーは美羽を追い詰めるも止めの一撃の前に美羽も動の気を開放

蓮華とカストルは互いに薄着の状態だったこともあって遊園地内が火災になる中での下半身丸出しでのキャットファイト

キサラを投げ飛ばす千影に対しYOMIであることを知らない宇喜田は案じて近づくも、千影によって殺すといわれて投げ飛ばされてしまう

オーディンの語りによりアタランテーに次いで気の開放を修める予定のルグ、武田の戦い方から「惜しがり屋」と評する。
ルグから感じる異質な感じは気当たり、そしてルグの質は静の気と分かったものの攻略法は浮かばず、とりあえず距離を置くためアトラクションに入る武田だがそこはミラーハウス
元から盲目のルグに対して不利に陥り、あきらめかける武田だが割れたガラスをヒントに気当たりの運用に気付き、更に既にこれまでの特訓で対不器用の技が仕込まれていたことが分かった武田はルグを追い詰める。

一方のルグも武田の技術が予想を上回ったことを喜んで戦いを続行しようとするがそこに拳聖が現れたところで終了


今回おまけ漫画はなしでおまけイラストでした







nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

続刊雑感 食戟のソーマ4巻 [続巻雑感]


食戟のソーマ 4 (ジャンプコミックス)

食戟のソーマ 4 (ジャンプコミックス)

  • 作者: 附田 祐斗
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2013/09/04
  • メディア: コミック




二ヶ月連続刊行だった食戟のソーマ 4巻
表紙は肉魅こと水戸郁魅と丼研究会の会長 カバーを取ると本巻のメインの相手 四宮小次郎で裏はその四宮を笑う乾日向子となってます。


合宿課題の中で新鮮なブロッコリーを確保できず、その変わりに味を損なわないようレシピを代えて提出したせいで失格(退学)を言い渡された田所恵 異を唱えた幸平創真は恵の退学をかけて食戟を申し込むが四宮は受ける気がない。
 そこに現れた堂島と乾によって非公式の食劇が行われることになる。(四宮に強引に食戟を受けさせたのは理由があったからだが) 課題の審査員として合宿に参加している卒業生を食戟の審査員とし、退学が掛かる田所本人がメインとしてレシピを担当メイン調理を行うことが条件として付けられる。合宿課題であまった野菜で作る食戟が始まる。
 輝かしい経歴を持つ四宮を相手に動揺と迷いで萎縮する恵だが創真が緊張を解き、「田所らしい料理」をすればいいとアドバイス。食事処たどころ開店となる

恵が考えた料理は下処理がかかるが卒業生が感心するほどのサポート能力を見せて幸平がバックアップする。

四宮はフランス オーベルニュ地方の郷土料理 シュー・ファルシ
レギュム(野菜料理)の魔術師の名前の通りの品により試食した卒業生の面々は魔法少女のコスプレでリアクション

恵は7種の野菜を使った虹のテリーヌを出す 四宮が合宿課題として出した9種の野菜のテリーヌとは違ったアプローチにより卒業生達にも好評を得るが審査員の卒業生3人の票(コイン)はすべて四宮に入り0対3
勝敗は決したが審査員ではない堂島はコインを恵に投じ、更に四宮にコインを渡す。 希望を胸に単身で渡仏し、苦労の末に名声を得たがその先が見えなくなり料理人として停滞してたことを知っていた堂島は恵の料理を食べるように進める。 恵の料理から気配りを感じ取り過去を思い出した四宮は恵にコインを投じる。
そして仕込まれた香辛料オールスパイスにより審査員の体調を案じてのことだったと説明されたあと審査員外だった乾も500円玉で恵に票を投じ、3:3となり勝負は食戟前に戻るが四宮は失格を取り消す。
堂島は恵の料理の長所をホスピタリティだといって精進を進める。そして四宮は停滞から先に進むことになるが事態が収集した後 負けを悔恨する創真の姿があった。

三日目の課題をこなし夜に集められた学園生に伝えられたのは翌朝に饗する遠月リゾートの朝食に卵をメインにした驚きのある一品を というもの
翌朝6時までしかない時間と3日目のこれまでの疲労が重なり焦る生徒達、極星メンバーやアルディーニ兄弟がメニューを決める中、薙切えりなの従姉妹も登場し創真のメニューに不吉な言葉を残して去っていく。

翌朝始まったビュッフェ形式での審査では早々にえりな、アルディーニ兄弟、恵が200食を突破する中、創真は10食以下と苦戦していた。

ってことで終わり。

巻末に本巻で登場した虹のテリーヌ、インサラータ・フリッタータ、朝食おでん、女王のエッグベネディクトのレシピが掲載されてます

 




nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

続刊雑感 南Q阿伝 三 [続巻雑感]


南Q阿伝(3) (シリウスコミックス)

南Q阿伝(3) (シリウスコミックス)

  • 作者: 光永 康則
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2013/09/09
  • メディア: コミック





表紙は太郎丸こと神田太郎

構内での太郎のステゴロ(素手の喧嘩)無敵伝説の噂が流布する中、担任教師の容子が叔母と知り合いと判明
今回はNG県 諏防湖の御神渡りの失敗調査に出向く南久阿一同  建御名方命が3度の御神渡りに失敗、それを邪魔している原因を探る。 銀子を伴い3人で湖上を調べるが荒神と化した主に太郎は一呑みにされる。
水中にいる荒神には手を出せないため、南久阿は助っ人で恵比寿を呼び荒髪を釣り上げてもらう。あとはいつものオラオラでたこ殴り 出てきた渡来神を退治して終了
神主が望遠鏡で御神渡りを見てるのが面白い


限界集落で生じた異常を調べにきた南久阿、太郎、銀子
そこで見たのは血を抜かれミイラのようになった住民の死体と山中で木の上部にくくりつけられた遺体
その死体に吸い付いてる異形を目にしたところで動き出した死体に囲まれ、南久阿は何が起こってるかを察する。
夜は獲物を見つけるために徘徊、昼は死体となった様子に吸血鬼の存在を感じ取り、村の奥にある新興宗教施設を調べる。 そこにあった棺桶の中に始祖吸血鬼の死骸を見つけたところで同じ吸血鬼が登場
新興宗教の内容が吸血鬼信仰で始祖吸血鬼の死骸を入手して古代吸血鬼を使役して村を乗っ取るはずが逆に乗っ取られていたことを説明 半獣半人のような古代吸血鬼を見逃すようにいう吸血鬼だが南久阿は対立
この場は古代吸血鬼は処分し、始祖吸血鬼の死骸は持ち去ることで手打ち

古代吸血鬼は怪物王女でも出てきたね 時系列は怪物王女の前なんかな いや怪物王女では始祖吸血鬼は町の地下に貼り付けられてたから後なのか?


祭りの山車が後から来た「何か」に追いまくられて転倒する事件が発生
ニュースでは突風とされているが祭りの開催に問題を協議する関係者の前に南久阿は山車を曳くスピードが遅いと説明。 ポラ写真で荒神となったイノシシに追突される様子を見せる
イノシシに追いつかれずに走り去る速さを調べたところ、最高記録よりも更に6分も早い。無理という祭りの男衆だが引き手の交代と過去の追いつかれた場所を調べて対策を練る
担ぎ手に視認できるようになったイノシシの荒神と競う山車だが危なくなったところで山車の大国主命が動き出して殴り倒して形勢を立て直す。走りきって狩ったことで荒神は元に戻り、いつものごとく操っていた渡来神は太郎がオラオラで〆て終了

四国沖の海に出現し、海水浴客を引きずり込んだ外来神賊の人魚
海水浴に来ていた一行は人魚を知ったヤタカラスにより、いつものごとく神社間瞬間移動を使って四国へ向かう
しかし対抗できるサイズではなく、更に人魚の奥に以前に荒神から正気に戻した海坊主が待機しているが戦うと津波で肥大がでる。ほうっておくこともできないので集めた銛を投擲して戦うがそんな中後方から軍服の幽霊の一段が現れて援護をしてくれる場面で終了

巻末に怪物王女にあったロッテちゃんが復活してます



nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

続刊雑感 食戟のソーマ3巻 [続巻雑感]


食戟のソーマ 3 (ジャンプコミックス)

食戟のソーマ 3 (ジャンプコミックス)

  • 作者: 附田 祐斗
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2013/08/02
  • メディア: コミック



表紙は田所恵と幸平創真 

遠月学園高等部一年の5泊6日の宿泊研修開始

遠月リゾートのホテルで行われる研修は卒業生たちによる指導という振るい分けが行われることとなる。

極星寮の面々は互いの研修クリア目指して分かれる。 最初に二人一組での研修となり、学校の授業と同じく田所・幸平ペアで行うが編入演説で注目されている幸平にタクミとイサミのフランスからの双子の留学生が絡んでくる。

リゾートの周りにある自然から取れる食材で満足のいく出来の日本料理を2時間以内で提供するという試験内容で他の生徒が釣竿から魚、山であることから山菜に目を向けるがタクミ・イサミ兄弟は合鴨を確保して早々に合鴨の香り焼きを仕上げる。
他の生徒たちからは課題が日本料理となっていることに仕上げた料理について疑問があがるがイタリアンソースをフィールドにある素材で和風ソースにアレンジしていたことで課題をクリア

自分たちの料理を超えるものを作ってみろとのタクミの挑発に幸平はフィールド内の岩魚、山菜に加えて、放し飼いにされている鶏から卵、お茶受けの柿の種を使って「ゆきひら流岩魚のお柿揚げ」をつくり課題をクリア。

タクミ・イサミ組の料理とどっちが上かの判定が下されなかったことでタクミは幸平にいずれ食檄を申し込むと告げる

その後 宿泊先のホテルに帰ったら牛肉ステーキ御膳を50食作るという課題が控えており、初日の課題は極星寮の面々は欠けることなくクリア。
翌日 フランスにてオーナーシェフとして成功している卒業生:四宮の課題 9種の野菜のテリーヌ に挑む 幸平と田所
しかし個人での作成課題のため材料調達で出遅れた田所はカリフラワーの鮮度が落ちたものしか手に出来ず、それをフォローするために工夫をしたもののレシピを変えたとして失格を言い渡される。

卒業生が課す試験はそれぞれが営む店の従業員と見なして判断をすることだったため、幸平は鮮度の落ちたカリフラワーを用意したのは上司である四宮のミスではと意見するが返答は合格者を絞るためにわざと鮮度が落ちたものを入れていたとのこと。
既にクリアしていた幸平だが田所の工夫について意見する態度に料理長権限で失格にするという言葉に田所はは幸平に自分の失格を認めて引き下がるように促す。

しかし幸平は試験とは別に四宮に食戟を申し込み、勝った場合は田所の失格を取り消すように言ったところで終了

あとは「きみと私の恋愛相談」っていう読みきりが掲載されている

ブリーチといい最近はジャンプって単行本化のペースが早いね 人気作だけ?




nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

続刊雑感 奇異太郎少年の妖怪絵日記 伍 [続巻雑感]


奇異太郎少年の妖怪絵日記 伍 (マイクロマガジン☆コミックス)

奇異太郎少年の妖怪絵日記 伍 (マイクロマガジン☆コミックス)

  • 作者: 影山 理一
  • 出版社/メーカー: マイクロマガジン社
  • 発売日: 2013/07/26
  • メディア: コミック




表紙が雪女とその娘のゆきになっており、中の話も雪女に関する連続した話が半分ほどを占めている。

冬本番になり、雪ん子のゆきから招待を受けて雪女の家に招かれる太郎とすず、道中に出会った北海道から移住してきたコロポックルたちが加わったり雪女が配置したなまはげ、雪婆、転ばしなどの妖怪たちと出会う。
ついた館には狐もおり、いつものメンバーが揃ってお泊り会の様相
ゆきの父親についてや祖母から続く呪いについて語られたり、人間としての戸籍を持つ雪女から養子にならないかと提案されたりしてます。

あとはいつもの日常に現れる妖怪エピソード
機尋、送り狼、肉吸い、手の目、震々が登場  

手の目って中津賢也の妖怪仕置人の主人公が輸血で手に入れた力の元になったやつだっけか 

Webで公開されていた先代の離れの主のエピソードの後日談みたいな感じの「幽遠からの雪見舞い」という話が今回書き下ろされてます。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

新刊雑感 史上最強の弟子ケンイチ 52巻 [続巻雑感]


史上最強の弟子ケンイチ 52 (少年サンデーコミックス)

史上最強の弟子ケンイチ 52 (少年サンデーコミックス)

  • 作者: 松江名 俊
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2013/08/16
  • メディア: コミック





表紙は風林寺美羽

カバー裏はアタランテー一人の全身イラスト カバー下はロケットのように空を飛ぶ梁山泊の面々と拳聖の弟子3人となってました

前巻の続きでキサラをめぐっての宇喜田と白鳥の話

直接対決の武術の腕では白鳥に及ばない宇喜田だったがジェームズ志場へのおとりとするために銃を持って乱入してきた男に対して身を捨てる気概を見せたことで白鳥もみとめる。
銃を持った相手に組み付いたままビルの下に落ちた宇喜田だったが階下にいたジェームズ志場が助けたことで宇喜田は軽症で済む。その後 新白連合で出かけたプールにて白鳥が女性であることが判明
しかしそのことを知らなかったのは武田と宇喜田、ケンイチの3人だけだった。

ケンイチの学校にいる櫛灘、カストル、谷本はYOMIの招集を受ける。他のYOMIとともに武器組みの弟子と顔合わせを行う(作中では武器組みの弟子の姿は出てこないが) その場で拳聖の新しい弟子としてシルエットで登場した残り二人のうち一人がバーサーカーと判明

梁山泊道場内で馬剣星の教えのもと修行を積むケンイチと美羽 そこに闇の拠点のひとつが判明したとの報を受け、警察が動く前に梁山泊全員でつぶしに掛かることに
動の気の覚醒が迫ってる美羽に対する準備を進めつつ、新白連合の面々も梁山泊の達人達と同行するのだが達人との邂逅は避けるために離れて待機。

ところが林に隠れている新白連合の元に道路から車で乗り込んできたのが拳聖の弟子バーサーカーとシルエット登場の最後の一人ルグ

盲目でありながら関節技に特化したルグはジーク、トールをあしらい、武田と対決  挑発による心理戦を仕掛けてルグに左手を再度負傷する覚悟で相打ちに持ち込もうとする武田

武田の負傷を嫌って宇喜田、ケンイチは勝負に横槍を入れる形になるが戦いを止める。ルグはしぐれが近づいてくることを察知し時間切れとしてケンイチの提案を受け入れる。

緒方一神斎を師の敵として追う田中勤が梁山泊を訪れ、闇は弟子を達人として育成するためにケンイチたちにぶつけてくるであろうことを伝える。
闇側ではアタランテーが動の気の開放の修行からもどり、拳聖の弟子4人にカストル、谷本、櫛灘が集まりケンイチたちと達人への修練としてして戦うことに


おまけ漫画は小さくなったケンイチが闘忠丸と一緒に女湯に潜航する話でした








nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

続刊雑感 許婚協定 2巻 [続巻雑感]


許嫁協定 (2) (カドカワコミックス・エース)



表紙は押しかけてきた3人の許婚候補の内の一人 藍京莉歌

帯に許婚候補たちによる謝肉祭が始まる!!とあるように前巻の紅林との水泳勝負に勝った押しかけ許婚チームが主人公の兼多航とそれぞれデートすることになり肉食系女子のアプローチ合戦となる

まずは最大手の化粧品メーカーの社長の娘 藍京莉歌
自分の仕事であるモデルの撮影現場に航を同行させて自分の仕事ぶりを見せる。
航はプロとして働くその様子に感心してはいたが撮影が終わると誘われるまま二人で撮影会に
その最中に莉歌の母親が乱入 浮ついた態度に散々尻をひっぱたかれて叱責を受ける莉歌
藍京化粧品の専属モデルとして経験を積むようにいう母親に対し、親の七光りといわれないために独立したいという莉歌をみて航は事情を説明して共に頭を下げる。
そのことで扇黄珠代に許婚協定を持ちかけらた時はあまり乗り気ではなかったこと、今回のことでビビッと来たと話す

ちなみに以後デートをしてるメンバー以外は紅林智の部屋でだべってます

次にデートをしたのは黛紗苗
黛家実家に呼ばれた航を出迎えたのは和服の紗苗、通された部屋には紗苗の両親と祖母
旧華族の名家だが紗苗しかおらず、跡取りを熱望する黛家は積極的に航を取り込みに掛かる
紗苗の父親から黛家の女は喰らいついたら離さないと説明され、子供部屋(予定)に通されて押し倒されるわ、風呂場で泡踊りされた挙句 浴室で滑って転んで失神。
そのまま帰宅し 何をしでかすか分からないといっていた珠代と莉歌の感想どおりの結果となる

最後に扇黄珠代
航がプログラマーの仕事が入ったため外出はせず、航が仕事をする間 面倒をみることに
メイド服で世話をする姿を航の部屋の真向かいの智の部屋にいる智、莉歌、紗苗に見せ付ける。
途中陣中見舞いにやってきたクラスメートの五十川、風吹を押し返し、航が仕事中でPCに向かっている後ろで
洗濯物を持ってくんかくんかしている始末
追い返されたクラスメートの二人は智の部屋で航と珠代の行動を一緒に見守ることになる
その後メイド服からハダカエプロンに着替えて肉食振りを発揮する珠代だが 見かねた智がベランダを乗り越えてやってきたため誘惑は不発に終わる。

8.5話として智とその友人の水着選びの話が挟まれたあと 珍しく許婚候補たちがいない放課後を男の友人達を過ごす航
その中で智に関する話題となり、紅林智が航が好きなことは周知のことで智ともデートしてはどうかといわれる航
水泳勝負とは関係なしで智を遊びに誘う航だが智はその後 許婚候補達に呼び止められる

そして許婚協定参加者の証の指輪をして智は参加者となったところで終了


1巻の最初の表紙で指輪をしていたのは5人いたのであと一人でてくるのかな?
てっきり五十川の姉の深姫って人かと思ったけど参加者全員名字い色がついてるから違うか




nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

続刊雑感 モンスター娘のいる日常 3巻 [続巻雑感]


モンスター娘のいる日常 3 (リュウコミックス)

モンスター娘のいる日常 3 (リュウコミックス)

  • 作者: オカヤド
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2013/07/13
  • メディア: コミック




表紙はケンタウロス種族のセントレアと主人公
ヒロイン達からだーりん、ご主人様 ご主人、主殿と呼ばれてるのでどういう名前だったか忘れた

2巻最後に新たなホームステイ者として登場したマーメイド種族のメロ(メロウヌ)
最初から主人公との距離が物理的に近い(車椅子を壊したため移動は抱いて行うため)ことに嫉妬するミーアや墨須の態度や雰囲気から一般人と違うことを感じとるセントレア。
ポロリ祭りのドタバタ展開を経てメロは正妻の座でなく、結ばれない人魚の物語のような悲恋が好きで愛人ポジションを狙っていることが判明。

一般世界に入ってきた他種族のオークが起こした騒動に墨須の同僚MON(モンスターオブニューロゥ)の面々が活躍
他種族交流法により人間から他種族へは手出しができないため、犯罪対処のために同じ他種族で構成された部隊 リビングデッド、モノアイ、ドッペルゲンガー、オーガによりおバカな要求をしていたが銃火器で武装していた5人のオーク族は沈黙

風邪をひいて倒れた主人公 インフルエンザの場合はウイルス変異をもたらす可能性があるためパンデミック防止のために隔離されることに。
まったく体の構造がことなるスライムのスーに自分達の行動を真似させることで看病を行おうとするがいつもの面々にまともな行動が期待できるわけもなく、風邪は悪化。接触テレパスで渇きを知ったスーは自らの水分をろ過させて飲ませたり冷やしたりすることで回復させ、鸚鵡返しでなく自分の言葉を少ししゃべることに。

パピが卵の出産が近いと申し出る。
混乱する一堂だが無精卵であることを知って協力体制に
しかし其処にやってきたのは取材を名乗る怪しげな男達。パピの出産のほか他種族のホームステイを取材をいいながらセクハラ質問と映像を撮りまくる。
パピの出産シーンも無修正で撮ろうとしていたが前回にも活躍したスーの接触テレパスによりたたき出される。
しかし主犯はすでに逃げおおせており、他種族を守っている主人公の行動に主犯と同居しているアラクネは懐疑と嫌悪をしめすところで終了

巻末にMONのメンバーの設定が載っているがリビングデッドのゾンビーナが何気にひどい 脳がいたんでるって

カバーを取るとパピに加えてメロウヌが加入したことで食材に悩む主人公だったが全く問題がなかったことが判明する漫画やマーメイド種族メロのひみつとしてスリーサイズ他種族の特徴が紹介されている



nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

続刊雑感 南Q阿伝 二 [続巻雑感]


南Q阿伝(2) (シリウスコミックス)

南Q阿伝(2) (シリウスコミックス)

  • 作者: 光永 康則
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2013/04/09
  • メディア: コミック





表紙は一巻から登場して神社に住み込むことになった銀子

4話収録

このところ新月になると各地で起こっている神隠し
南久阿とその眷属が調べる中、お使いにでた太郎の妹、那由が襲われる
暗闇の中でさらわれているとのとおり、月がでない新月の上に停電が起こり巨大な手に上空に連れ去られる
次郎丸と共に追う太郎が見たのは上空にあるUFOのような円盤の荒神
その中(胃)で消化されようとしていた子供達を発見、暴れないように獲物である子供が眠らされていたことから
胃そのものが弱点であると判断した南久阿は太郎と次郎丸に指示して子供を救出
荒神も元に戻る
神社の娘:南代祝詞が祖母に言われて南久阿に供えたマドレーヌは2点しかもらえなかった



北からくる渡来神:白魔をとめられない日本の神
太郎は日常の中でいずれ人間でなくなっていくのではないかと予測する
北の町に起こった急激な寒波、その地域の神社がすべて破壊されていることから偵察に向かう南久阿一行
そこにいたのは氷女と呼ばれる渡来神の使いたち、火車の応援と共に戦う太郎たちの前に現れたその本体の神にやるなら刺し違えるという南久阿に対して引く渡来神
冒頭の白魔との戦いは過去で南久阿は蜘蛛の化身でなく元は雲の女神だったことが分かる回

神田太郎として学校生活を送る太郎の周りに生じる視線の異常
その正体は目目連 出現の動向から火車、神隠しの荒神状態を戻した自分達を探していると判断
南久阿は先に相手を見つけるためにPC環境から生じた新興のWWWの神に協力を仰ぎ、
おなじWebを使って活動していた渡来神を発見、妹の生活を覗かれて怒った太郎にタコなぐりにされる

天変地異からの安定を祈願して行われる飯食い祭り
しかしその祭りの前年チャンプは土地神が荒神となった存在 
南久阿の指示で飯食い祭りに参加し渡来神を負かすこととなった太郎
人に憑依した人間の限界を超えて競ったためにチャンプは負けて渡来神は逃亡
会場から逃げた渡来神は銀子が始末
渡来神の力を軽んじる銀子を戒める南久阿
そのあと風が吹かず外出禁止令が出るほどの大気汚染の発生がニュースが報じられ
風の神の不在から事情を察した南久阿は飯食い祭りで激太りの太郎を連れて神事に赴く

ひたすら渡来神と神事相撲と取らされていた風神と交代して勝利する太郎

しかし銀子のいうとおり大気汚染の原因がなくなるわけでなく、その元である某国とその都市の上から渡来神が伺っていた。



nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

続巻雑感 十~忍法魔界転生~ 2 [続巻雑感]


十 ~忍法魔界転生~(2) (ヤングマガジンコミックス)

十 ~忍法魔界転生~(2) (ヤングマガジンコミックス)

  • 作者: せがわ まさき
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2013/05/23
  • メディア: コミック




宝蔵院胤舜の続き

胤舜の前に現れた天草四郎と荒木又右衛門 戦いの前に女人絶ちをしている胤舜の前で交わり、その後の手合わせで忍法髪切丸で槍を折る四郎

負けて自分を切れという胤舜に又右衛門は死んだはずの自分が置かれていた生存の境遇を語り、更に槍を追ったのは女の髪でしかなく、それで鉄をも折ると説明された胤舜は自らの槍を更なる高みに上げられる誘惑に負け、魔界への転生を承諾。

天草四郎は転生への条件を整えるため胤瞬が女人に欲情しながらもそれを制することで高みを目指すために連れ立っていた女:佐奈を宗意軒の右手小指を使い、魔界転生のための忍体とした上で去っていく。あとは胤瞬の死期を待って交合するのみ。

場所は変わり江戸柳生屋敷の柳生但馬守宗矩 
息子の主膳宗冬に由比民部之介正雪の怪しい動きとその元を訪れる紀州大納言の徳川頼宣の動向に懸念を伝える宗矩。
その後 柳生邸を訪れたのは四郎たちがつれていた忍体の女を伴ってやってきた胤舜。
老い先短く、かめ腹(胃がん)を患っている宗矩に自分が体験した魔界衆の話を伝える胤舜。

本当に正雪邸を訪れているのかを確かめてるために出入りする籠を確認していた主膳。しかし籠から出てきたのは入道。主膳はあっさりと正体を見抜かれた上に破れ、尻に「尾」と刻まれる。

その所業から入道が尾張柳生の柳生如雲斎、その意図が透けて見える宗矩だが明日には死ぬと自覚している自分には如雲斎と戦うことは適わない。
 宗矩は江戸柳生への恥辱とそれを晴らせない焦燥、死を前にして自らの人生の悔いた末 胤舜が連れてやってきた四郎が連れていた忍体の女と交合し魔界へ転生を決意する。

目の前で転生のために交合する宗矩を見て、胤瞬は自らの腹を切り魔界への転生のために佐奈と交合する

二人の最後を看取った四郎、又右衛門は一ヶ月の転生を待つ

一ヵ月後、正雪邸の如雲斎は目の前に現れた忍体となった女たちから転生した二人を目撃する。

宗矩の転生に思わず切りかかる如雲斎だが転生直後の丸腰の相手に熨された挙句、尻に江戸柳生の「江」を刻まれる。
屈辱の中、正雪は人のままでは魔界衆には勝てぬこと、息子嫁に懸想していることまで透かされ、魔界への転生を了承する。

息子嫁を忍体とするために四郎と共に正雪邸を出る如雲斎と入れ替わりで訪れた紀州大納言。
正雪により大納言に引き合わされたのは森宗意軒。 謀反人としか認識していない宗意軒から天下を取れと唆されるシーンで終了



nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

続刊雑感 食戟のソーマ2巻 [続巻雑感]


食戟のソーマ 2 (ジャンプコミックス)

食戟のソーマ 2 (ジャンプコミックス)

  • 作者: 附田 祐斗
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2013/06/04
  • メディア: コミック




表紙は薙切えりな
カバーの下は今回の食戟の相手 水戸郁魅となってました


遠月学園への高校編入が決まった創真は付属の極星寮への入寮となるが若手の学園職員はその存在を知らず、だだっぴろい学園敷地内を地図を頼りに歩いてたどり着く

玄関をくぐると廊下にはスモークの煙が充満してくるわ、肉料理の食材となる動物が脱走して走っている自由空間、さらに寮母の大御堂ふみ緒にいわれるままに入寮腕試しを行うことになる

ありあわせの食材で「あり合わせ鯖バーグ定食」を作り、寮母の腕試しをクリア、入寮を認められる
(ちなみに鯖バーグのリアクションは寮母が若き日を思い出すものだった)

極星寮では田所恵と再会、さらに2年の一色の声かけで創真の歓迎会が行われる
変わり者ばかりの寮生にあっさり馴染み、遠月10傑についての情報も得たあと一色より腕を試される創真

一色により饗せられた鰆料理に対して同じ鰆を使い創真は 「鰆おにぎり茶漬け」を作り出し、フランス料理の手法のポワレを用いて処理した鰆を茶漬けに使ったことに感心する一色

しかし10傑の中でも7席の座に就く一色は創真が食戟と学園の深さを知るのはこれから、そして創真を中心に波乱が起こることを予感する

翌日 血気にはやる創真に対し一色は学園の名物 食戟について説明
一方でその食戟がちゃんこ鍋研究会の豪田林と薙切えりなの間で行われており、敗者となったちゃんこ鍋研究会の所属する建物は取り壊されてしまう

通常の学校の部活動に相当する研究会 創真は新作どんぶりのヒントを探して丼研に足を運ぶも 矢吹ジョーのような髪型をした丼研主将が一人で燃え尽きて白くなっていた

薙切えりなの手法により気に食わない研究会はつぶされる運命にあるが次にその標的となったが丼研
丼研の成果に感心、さらに丼研の食戟相手の水戸郁魅の料理に対するスタンスが気に食わない創真は丼研の替わりに自らの退学をかけて食戟を受ける

メニューは丼、メイン食材は肉とした食戟
郁魅が持ってくるであろうA5ランク肉に対抗するために丼研主将や田所と試作を繰り返す中、シャリアピンステーキに活路を見出す創真
しかしそれだけで勝てるのかと思う丼研主将に対し創真は更に工夫をつける


食戟において郁魅が作ったのはA5和牛のロティ丼
肉の質と肉に対する確かな料理技術に感服する判定員

後攻となった創真が出したのはシャリアピンステーキ丼
使われているのが半額セール肉であったため工夫があっても郁魅の丼より期待はできないと思っていた判定員だったが 丼にかかる玉ねぎを使ったソース、肉に対してあっさりとした梅風味の米を使うことで「丼」として完成度を上回った創真が勝利

郁魅はえりなに見限られ、食戟の条件に従い丼研に入ることになる
郁魅は創真が丼研に入るものと思っていたが単に見に来ただけで入部していないことに凶暴化

極星寮の日常の中では本来の腕が発揮できる田所だが 高等部最初の試練 宿泊研修の告知が入る

ふるい落としの選抜が行われる研修に挑むことになる極星寮の高等部一年生の面々のヒキで2巻終了




シャリアピンステーキって鉄鍋のジャンでも対決の題材で使われてたね
あっちは笹で中華風の香り付けをしてたけど




nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

続刊雑感 史上最強の弟子ケンイチ 51巻 [続巻雑感]


史上最強の弟子ケンイチ 51 別冊ケンイチ付き特別版 (小学館プラス・アンコミックスシリーズ)

史上最強の弟子ケンイチ 51 別冊ケンイチ付き特別版 (小学館プラス・アンコミックスシリーズ)

  • 作者: 松江名 俊
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2013/05/17
  • メディア: コミック




別冊付録付きは特別版であって限定版ではないせいか表紙などコミックス本体の装丁は同じもの
表紙はYOMIの拳聖の弟子:龍斗、拳魔邪神の弟子:ジェイハン

カバー裏のイラストは美羽 カバーを取ると表が谷本、裏表紙はケンイチとの戦いのあと住み込みバイトをしていた頃のおかもちを持って走るナガラジャ


前巻で拳魔邪神が破れたことでティダード王国の情勢を軍閥が握ろうとして更に混迷するかに思われたが梁山泊の長老と共に現れた王子でもあるジェイハンにより事態は収束

ケンイチとの戦いの際に拳魔邪神に見限られたジェイハンだが 師として慕っていたことからその遺体は誰にも知られない場所に葬ることと自身にだけその場所を伝えるように命令

拳魔邪神との戦いで負傷したため本郷と逆鬼との決着は持ち越しとなり、一時休戦

王宮での治療、歓待の際にジェイハンよりケンイチとの戦いの後に何をしてたのかが説明され礼を受ける

日本に戻り達人同士の戦いに感じるものはあったものの修行には戦略的撤退を言い訳にする日常が戻る

そんな中 拳聖の弟子:朝宮龍斗から連絡を受け夜の水族館で落ち合うケンイチだが 龍斗を追ってきた拳聖の弟子:アタランテーとアタランテーのブログを見てやってきた美羽が出会い、戦い始めたことで場は流れ龍斗が呼び出した理由も不明なまま

闇では一影九拳の話し合いで人越拳神の処分はないこととなり、YOMIの谷川夏から日常の危機感のなさでは感じにくいが死人が出る戦いが起きることを示唆される (今の本誌で行われている状態)

その後 閑話っぽい話しでキサラと宇喜多、元キサラ親衛隊の白鳥の話

宇喜多は自分の武術の腕が劣ってることを分かった上でキサラをかけて白鳥と決闘するが実は・・・次巻へ


特別版についていた別冊ケンイチは24人の作家さんによるアンソロみたいなもの

イラスト以外にもショートコミックや4コマ漫画もあり ショートコミックのうち 5本は松江名氏がシナリオを担当されてます




nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

続刊雑感 這いよれ!ニャル子さん2 [続巻雑感]


這いよれ! ニャル子さん 2 (ヤングジャンプコミックス)

這いよれ! ニャル子さん 2 (ヤングジャンプコミックス)

  • 作者: 岡崎 圭
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2013/04/10
  • メディア: コミック





昨年のアニメ化の際に一巻が発売しててっきりそれで終わりだと思ってた連載は以後もしていたらしい
一年を経て二期の放送開始と一緒に2巻が出たわけだがすっかり一巻が原作のどのあたりまで進んでたのか忘れてる

YJC(ヤングジャンプコミックス)だったんでこんなに続刊がでないのは単に打ち切られたんだと思ってたらレーベルがYJCってだけでミラクルジャンプ連載 なので単行本化が遅かったようだ


冒頭はノーデンスによる真尋の人身売買オークションのところから
前巻でノーデンスに雇われたクトゥグアのクー子を退けたニャル子が真尋に元に駆けつけて殴り倒してお終い

原作でおなじみのくだらないオチ (真尋はボーイズラブ題材のドラマの出演者としてプロダクション関係者に競られる予定だった)が説明されたところで原作一巻分を消化

その後の原作にあった有給休暇の消化云々の説明はなしでそのままニャル子は八坂家に居ついてしまい
惑星保護機構にコネ入社したクー子までが押しかけてくる

そこにアルバイトで邪神ハンターをこなすゲームマニアの母親が帰ってきたため ニャル子(ニャルラトホテプ)、クー子(クトゥグア)両名を見てひと悶着

その後はお土産として買って帰ってきたレアなゲーム機に同じゲームマニアのクー子が服従を誓ったり、熱いレーザーアクティブ談義がなされてます

その後はクトゥルー株式会社とのルーヒー、カルコサからの派遣ハスターの登場と宇宙人によるゲーム機ハード開発の悲喜こもごも

原作の2巻のエピソードを消化して完結となってます

かなりテキトーな上に特に感想もなし  
もうちょい作画が良ければとは思うがアニメ化に伴うメディアミックスのコミカライズなんてこんなもんじゃないでしょうか?



nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

続刊雑感 俺がヒロインを助けすぎて世界がリトル黙示録!? 3巻 [続巻雑感]


俺がヒロインを助けすぎて世界がリトル黙示録(3) (ダンガンコミックス)





HJ文庫同名作品のノベライズ3巻目

正直原作1巻を消化したところでコミカライズは終了だろうと思っていたけど続くようです

この巻で原作1巻終了までと2巻途中にあたります  今見ると折り返しの作者コメントに同じ事が書いてあった・


イリスに求婚する他星の大王を諦めさせるために課された地球への隕石落とし

烈火は幼馴染の皐月の家系が引き継ぐ森羅の大魔法を狙うメサイヤとの決着にこの隕石落としを利用

烈火の魔法として隕石落としを勘違いしたメサイヤを更に挑発し、メサイヤの攻撃魔法「神の審判」で隕石を処理させる

隕石を破壊したメサイアは魔法障壁を纏っているが 今度はハリッサの世界から持ってきた「勇者の剣」の効力で結界を斬り裂くことに成功

メサイヤに負けを認めさせ皐月達一家に接触しないことを誓わせ、二つ目の物語を収束

隕石を防ぎきったが難癖を付けてイリスとの婚約を解消しようとはしないサタモニアの大王に対して皐月の森羅の大魔法で過去にサタモニア星が行ったきた悪事を暴露
銀河連盟に提出しない代わりにイリスや母星のフィネリア星への不可侵を誓わせることを落とし所とし同時に関わった3つの物語はすべて解決

しかし皐月は元々隣人だし、ハリッサは元の世界に帰ることができず、イリスは素性を隠して地球留学に来てしまい関わったヒロインはそのまま居残ることに

ヒロインが去ることがなくなった理由は実は未来からオールオブウォー回避のためにやってきたアールも又物語とそのヒロインだったためと判明する

ハリッサ、皐月、イリスのいがみ合いはクラスを巻き込み、烈火は日常の心労からお疲れモード

そんな中、学校で望野つみきとぶつかる  つみきの友人から実家の大衆食堂のぞみやの経営がうまくいっていないこと、 人を呼び戻すためフードチャンピオンでの優勝を目標にヒットメニューを模索してることを聞かされる

アールにつみきもヒロインの1人と確認した烈火は新メニュー作りに進んで協力するが 烈火ができるのは味見くらいなのだが問題はつみきが作る料理は科学技術が進んだイリスが取り乱したり皐月が呪毒物なのかと勘繰るようなシロモノ

つみきの試作品に苦労する烈火、そして試食後の失敗作を庭に空いた意味不明の穴へ処分する様とその空間からつみきの料理をつかみ取る手が出てきたことに驚愕する

つみきとひと悶着あった後 人間ではない行倒れ:テトラを拾った皐月がやってくる

更に象頭でバハムートを名乗るものが現れ、烈火に「魔法少女になって背神の怪物を倒してよ」と言ってくる

目覚めたテトラから地下世界から来たこと、太古に封じられた背神の怪物の封印の守り手として生み出された存在であること、バハムートからはその怪物が自分と対で作られたリヴァイアサンであると説明される

天を覆うほどの怪物にどう対処するのかと尋ねたところ烈火はバハムートに魔法少女の衣装を着せられたところで終わり





nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

続刊雑感 アカメが斬る!7巻 [続巻雑感]


アカメが斬る!(7) (ガンガンコミックスJOKER)


表紙はナイトレイドのリーダーのナジェンダ

イェーガーズとの全面対決の緒戦となり戦闘回となってます

前巻に登場した大臣の甥や教団の幹部暗殺とかは今回なし


ナイトレイドの顔バレメンバーはイェーガーズを誘い出すために町に出歩き、イェーガーズの戦力を分けるために二手に分かれる

イェーガーズのリーダーの将軍エスデスは罠と分かった上で誘いに乗ってくる

アカメ追跡のボルス、ウェイブ、クロメとナジェンダ追跡のエスデス、ラン、セリューの二手に分かれたイェーガーズの内、ナイトレイドは全員でアカメ追跡組に当たる


作戦場所に着いたクロメに対してマインは長距離狙撃を行うがアカメは人間にありえない反応でそれを避ける 同時に突撃した人間帝具スサノオがウェイブを弾き飛ばし戦列から退ける

残りのボルス、クロメの二人に対してナイトレイドはアカメ、タツミ、レオーネ、ナジェンダ、スサノオが挑み、残るラバックは見張り、チェルシーは遊撃と確実に相手を倒すための布陣


しかしクロメの帝具により超級危険種デスグールを始めとしてかつてクロメが殺した8体の死体人形が現れ、人数ではナイトレイドを上回ることに

巨大なデスグールはスサノオが進んで受け持ち、残りのボルス、クロメ、死体人形のドーヤ、ウォール、エイプマン、ヘンター、ロクゴウ、ナタラは他のメンバーが挑む



猿型の危険種?で脳金のエイプマン、変則的な動きや攻撃を行うヘンターはタツミ

元帝国将軍ロクゴウはレオーネが戦う  


対ロクゴウをナジェンダに交代しようとした時の隙を突かれてクロメはレオーネの左腕を切り落とす


アカメはボルスと死体人形のうち生前はボディガードをやっていたガーダーのウォールと戦闘

死体には攻撃が入っても死ぬことはなく、ナジェンダに首を落とされたロクゴウの死体はなおも動くが、死を冒とくする帝具:八房の力に怒ったナジェンダに吹き飛ばされデスグールの攻撃に巻き込まれて焼失

タツミはチェルシーの援護の足止めでヘンターを撃破

マインは同じ銃使いのドーヤを撃ち落とした後、死体人形の8体目カイザーフロッグに後ろから喰われてしまう

それを見ていたクロメの前にエイプマンを殴り倒してたどり着いたタツミ


一方の対デスクール戦  ナジェンダの指示の元、その使用者の生命力を吸って狂化したスサノオ飛び道具反射のやたの鏡、超絶の攻撃力の天叢雲剣でデスグールを撃破


タツミはクロメの護衛の死体人形ナタラに苦戦  カエルに喰われたマインは溶かされておらず脱出 そこにナジェンダとスサノオも合流してくる

対ボルス戦はレオーネがボルスの火炎放射器の帝具の放出部を食いちぎったため、使えなくなった帝具を自爆させるボルス

爆発からレオーネはクロメを庇って負傷

その場から脱出したボルスだがチェルシーに止め刺され、次にボルスに化けてクロメに迫る

チェルシーはクロメと合流後 慎重に機を伺う ナジェンダ達もマインの遠距離狙撃をさけた能力に疑問を覚え アカメとタツミが援軍に派遣

隙がないクロメに暗殺を諦めかけていたがお菓子切れにより生じた隙に首に針を刺し仕留めたかと思ったが肉体強化薬のせいで首を落とすが心臓を潰さない限り死なないクロメ

クロメは残った死体人形のナタラとドーヤに命じ、チェルシーは殺害される

血痕を追って町に着いた先にタツミが見たものは晒されたチェルシーの首

その光景にタツミが膝を付くところで終わり



日常の回想でイェーガーズには素顔を見せてたボルスだが紙面には素顔は描かれていません
帯に「衝撃のラスト2P」ってあるけど首チョンパに生首晒しはブラックエンジェルズの水鵬の最後思い出すな





nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

続刊雑感 つぐもも 10巻 [続巻雑感]


つぐもも(10) (アクションコミックス(コミックハイ!))

つぐもも(10) (アクションコミックス(コミックハイ!))

  • 作者: 浜田 よしかづ
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2013/02/12
  • メディア: コミック





表紙は怪異を引き起こしているつぐもも(付喪神)4人組 鋏のあきと、水晶玉のあるみ、弓のやすき、鏡のみまね


枕のあまそぎ事件後にいすずに対してあまそぎを生み出すように唆した存在が浮上
これまでにかずやが払った学校関係者のあまそぎ事件にも関係してることが判明し、意図的に怪異を生み出している者がいることを察した一同は危険な存在として注意することを確認

一方、今回も作りだした怪異が払われることなったことに対して相談、怪異を作り出す5人が「欠片」を探してることと、その過去が語られる



3代に渡って愛用された水晶玉、鋏、賽子が付喪神あるみ、あきと、ひふみに変化

所有者の人の業によりひふみを失い、人に厭きたあるみとあきと 
人里離れ霊力が付きかけた山中にて開いた椀の扉をくぐり「迷い家」に入りこむ

所有者からの霊力の補給がなくても付喪神が存在できる「迷い家」を故郷として過ごす2人だが、あるとき霊力を失って器物に戻った付喪神が出たことで「迷い家」の事情を知らされる


所有者がいなくても付喪神として存在していられるのは迷い家の付喪神ミウラヒが即身成仏となって霊力をとどめているため

付喪神保護のために土地神を弑逆し、その神の内にある天御柱の欠片を付けて自らが神となって迷い家を作り、(何故か欠片は呪詛の結晶なんだが・・神聖なもんじゃないの?)
欠片の呪詛の暴走を抑えるために即身成仏となっていた 

しかし効力は神より取り出して1000年ほどしか持続しない、そのため新たに神殺しを行って欠片を入手する「おのごろ祭り」を行うこと
そのために人を見限った付喪神を集めていたことを知らされ、あきとをあるみも他の神やすそはらいに追われる危険を承知で安住の地を守るために協力することに

しかし弑せるほどに弱った神を待つこと30年
変化のなさにいらだつ中、黒い帯の化身があらわれる  みまめが捕獲してて数年後に帯は付喪神あざみとして姿を現し、迷い家一同に必要な弱った神と弱体化の方法を教える

その場が今の舞台であり、先にやってきたあきと、あるみ、みまね やすきに「もう一人」のあざみが合流
あざみは3つの条件の元に4人に協力している


あきとはかずやのクラスメート:安次峰として学校にいるが、すそはらいには手を出さないことというあざみの条件があるため、かずやとの接触は最低限にしたいところ
しかし天真爛漫 後先を考えないみまねの暴走で一緒にゲームをすることになる

しかし「すそはらいに手を出さない」という条件に反すると判断したのかあざみは怒りですそがもれ、ゲームセンター内がまるでバーチャルリアリティになるようなあまそぎが発生

あきと、みまねも取り込んで4人一組の格闘ゲームに参加することに

ゲームルールに従わないと技も出せないため、桐葉は初戦で敢え無く敗退、続くあきとは勝利するが2人目は付喪神とばれない様に力を隠しながらとうこともありダブルノックダウン

続いて出たみまねはあきとの心配も関係なしに自分の本体の鏡を持ち出し勝利 

敵チームの大将を引きずりだしたがあまそぎが取り憑いたゲーマーのせいかなんでもアリ?で投げに特化した属性変化技を出し、ゲージを消費したみまねを下す

大将戦となり かずやは桐葉を付喪神として装着して勝利

ゲーム筐体のあまそぎの世界から戻ったあきとたちだが あざみの機嫌は悪いまま

あきとはみまねにさっさと去るようにサインを送るが勘違いしてかずやにキスしてしまい、アザミは怒り心頭   文字通り呪詛が怒髪天を抜くとなり天井を壊してしまうがかずやに庇われ頬を染める

(条件といい、2人いることといい、あざみについては不明なまま)

桐葉はみまねが鏡のつぐももであることに気付くがあきとについてはその所有者と勘違いして終了

おまけ漫画で迷い家の日常が3本あり






背表紙
1巻 桐葉
2巻 かずや
3巻 ちさと
4巻 くくり
5巻 すなおほ
6巻 黒耀
7巻 虎徹
8巻 ほのか
9巻 獏楽
10巻 あきと


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック
前の30件 | - 続巻雑感 ブログトップ