So-net無料ブログ作成

うわこい [う]


うわこい 1 (ヤングキングコミックス)

うわこい 1 (ヤングキングコミックス)

  • 作者: 糸杉 柾宏
  • 出版社/メーカー: 少年画報社
  • 発売日: 2012/07/19
  • メディア: コミック




著/糸杉柾宏  月刊ヤングキング連載作品

作者の前作「あきそら」を話題作ってことで読んでみたら単に近親相姦エロマンガやんって思って以後 読んでなかった

そのため うるし原智志氏のピンナップと愛気を目当てに読んでる月刊ヤングキングで本作が始まった時 あきそらと同じ作者って気付かなかったんだが性描写が多い作品なんであれ?と思ったら同じ人

でまあそのまま雑誌で読んではいたんだけれど「あきそら」を読んだときに思ったほど悪くはない

青年誌ってことで性描写が少年誌よりも多くても問題はないのと恋愛もので深く描写しようとすると性描写も必要だとは思うし (それでもあきそらよりは性描写はおとなしいと思う)

でもまあ 今のところは深い恋愛モノってよりは流されるままに関係を持って女の間をふらふらしてる鬱系シナリオのエロゲみたいな・

主人公は過去自分の火遊びで家を全焼させた環 雪輝(たまき ゆきてる)

預けられてからそのまま居座っている桐嶋ユノとは積極的なユノの行動もあって校内公認カップル  

ユキテルはキスをしてきた上に「あなた 最低ね」といって帰った早乙女レナに惹かれ、ユノを傷つける覚悟があるのかと問われるが そのままそのまま関係を持ってしまう

関係をもったあとレナから「どうする?と」問われたユキテルはユノに自分で・・・というが 体に残るレナの匂いに不安になるユノに嘘をついた上に、ユノに言うべき別れの言葉も出せないまま休日にデート 

いつも通り仲良く登校したユキテルとユノ その様子をみたレナはユキテルに「火傷しないといいわね」と忠告

放課後 誰もいないプールに呼び出されたユキテルはレナから選択を迫られるが ユキテルは明確な返事をしないままレナの誘いのまま体を重ねる

事後にレナから言われたのは「ユノと恋人同士、レナとは浮気関係の都合のいい関係」という火遊びに付き合うということ、 その関係でいいのかと問うユキテルを更にレナは追いつめる

その後3人で遊びに行った遊園地にてレナのユキテルの関係は明かされないものの、レナがユキテルを頂戴と言ったことから(冗談とは付け加えたが)ユノの友人関係は壊れかける

ユキテルは教室内でユノにキスをしてユノへの愛情を見せてレナとの友人関係の修復を勧めるがその一方で更衣室でレナとの情事を重ねていた


今のところ なぜ早乙女レナがユキテルに惚れたのかが明らかになっていないが物語がまとめに入るときには明かされるんだろうか? 

幼少の頃からの付き合いで明るい性格でベタ惚れのユノとのプラトニックな関係と、何を考えているのかわからないミステリアスなレナと肉欲に溺れてる関係の間を傷つけたくないという言い訳でふらふらしてる主人公が草食系に見えてなかなか凶悪

あきそらで既に有名だったせいか 本作は専門店で特典が付けられてたみたい









nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

ヴァージンタイラント [う]

読み切り作品

たぶん作品タイトルこれであってると思うんだが・

バスタードの作者 萩原一至氏によるもので季刊発行のジャンプに掲載されていたはず
バスタードが連載される前だったかな? うろ覚え

学園ラブコメもの

兄と二人暮らしでの生活をしている高校生 真面目が取り柄のメガネ君 ろぶ(感じ忘れたのでひらがなで呂でぶの漢字忘れました)

ある日 学校で居眠りをした時 まだ両親が生きていたころ両親が仕えていた財閥 宇土家の娘:留美子を紹介され その後 Sっ気がある留美子からいじめを受けて それを両家の親がほほえましく見ているという夢をみる

夢から醒めて自習中に騒いでるクラスメートを注意して 夢は昔のことと現状に戻るが後日 夢で思い出した宇土留美子が転校してくる

容姿端麗、頭脳明晰、宇土財閥の令嬢、しかもちょっかい掛けてきた学園理事長のドラ息子をひっぱたき 触れていいのは将来殿方になる方のみと言い放つ

転校した目的が自分であろうことがわかってるロブは留美子から幼少期の頃と同じような嫌がらせを受けるが 真面目な生活態度は変わらず   一人残って教室の掃除をしながら仲のいいクラスメート女子(一緒にいるが掃除は手伝わない)と談笑

気に食わない留美子はロブのメガネを弾き飛ばして去っていく

メガネを取るとイケメンというお約束で翌日 学校に行くと留美子はロブと仲のよいクラスメート女子を連行

自分以外に危害を加えようとする留美子にろぶは手を上げ、両親の死とともに宇土家とロブ家は関わりはなくなったことを改めて告げ、自分をタコ殴りにする代わりに無関係となることを宣言

それを聞いた留美子は泣きながらロブと留美子は許嫁だったこととロブの両親が死んで8年間連絡もなかったことで嫌がらせをしていたことを謝り、 許嫁をいまさらというロブに対して「婚約解消しないで」といって物語は終わってた

読み切りってことで氏の作品のバスタードの単行本に収録されるのかと思っていたけど 画集に収録されていたね






BASTARD GUARDRESS 2冊セット




nice!(3)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

W ウォン [う]


W

W

  • 作者: たがみ よしひさ
  • 出版社/メーカー: 秋田書店
  • 発売日: 1988/07
  • メディア: 単行本




著/たがみよしひさ

W ウォンの画像を探す

ビリヤードを題材にしたハスラーもの  ハードカバーコミック

昼間はぼさぼさ頭に眼鏡の高校数学教師、 夜はW(ウォン)呼ばれ ヘアカラースプレーで髪を黒く染め、オールバック、コンタクトレンズの姿でプールバーで賭けビリヤードをしている主人公 (渡瀬って名前だったかな?忘れた)

学校でビリヤード部が立ちあがり無理に顧問にさせられたり  部員もウォンとして訪れるプールバーに入り浸るようになったりしてウォンの正体を疑われたりする

(高校でビリアード部が現実に存在するのかは知らんが・  本来 紳士のスポーツだが日本じゃ印象悪いからね ポケットビリヤードばっかりでキャロムやスヌーカーなんて見たことないし)


そのうち元々ハスラーとして活躍していたアメリカからウォンを負かすためにかつてのライバルたちが横浜に訪れる

ライバルたちの得意技は各々ビリヤードの技法キャノンショット、マッセ、ストップショット、コンビネーションショット  
(マッセのボニー、ストッパージェミニ)

Wがアメリカを去ったのは肘を故障したことと 師であるハスラーの王様に負けたこと

そのハスラーの王様も目が衰えてかつての強さは無くなったが 肘の故障で勝利したWとの勝負に納得がいかず  目と肘に互いにハンディを抱えながら観衆なしで2人の勝負は続くところで終了


最近 ナインボールもやってないな  昔はローテーションやエイトボールもやってたもんだけど玉が多すぎる感じでナインボールがすぐに済むしいいね  エイトボールはコールしてショットだから互いにそこそこ巧くないといつまで経っても終わらん



カイザー(kaiser) ビリヤードセット KW-645




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

ウィッチクラフトワークス [う]


ウィッチクラフトワークス(1) (アフタヌーンKC)








著/水薙 竜   Goodアフタヌーン連載


近所の本屋で2巻の平積みで置かれた表紙を見て「おっ!?」と思って買ってみた

個人的には当たりの作品

wikiにはまだ記事は作られていないようだ

ウィッチクラフトワークスの画像を探す



カバーを外すとその下には「設定+舞台裏」と1P漫画がある

最初 アフタヌーンコミックスだと思って「ああっ女神さまっ」を読まなくなってるうちにこんなのが連載されてたのか~って思ったら Goodアフタヌーンって 月刊アフタヌーンとは別の雑誌らしいね


ストーリーは 平凡な高校生(と本人は思っている)主人公:多華宮 仄と陰ながら仄をまもっていた学園の「姫様」こと火々里 綾火を軸に進むコメディ?

混乱を振りまく「塔の魔女」、町の秩序を守る「工房の魔女」との対立で串刺しにされたりするのだが傷を負わないためか戦いはあんまりシリアスではない(今のところは)

主人公を求めて現れた塔の魔女が仄に接触してきたことで隠して仄を護っていた綾火が「魔女」であることを明かし、これからは表立っても塔の魔女から護ることに

なぜ主人公:仄が狙われるのかは2巻の状態では明かされていないが、妹も工房の魔女であること、綾火は仄の許嫁であること、仄の母親はダメ人間っぽい(許嫁であること説明するときのいいわけとか)ことが判明してる


少し紙面に線が多く感じるがこれから人気が出そうな感じ

ヒロインのナニ考えてるかわからん寡黙な感じとクーデレ(いや・そもそもデレてないから違うのか)な感じがより一般読者に受けるかどうかかな



1巻 ♯1-4
2巻 ♯5-8



ウィッチクラフトワークス(1) (アフタヌーンKC)ウィッチクラフトワークス(2) (アフタヌーンKC)





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

雲界の旅人 [う]


雲界の旅人 1 (少年キャプテンコミックススペシャル)


雲界の旅人 2 (少年キャプテンコミックススペシャル)





著者/あろひろし

雲界の旅人の画像を見る

月刊少年キャプテンでの不定期連載作品  コメディ作品が多い作者にしては珍しいファンタジーもの

竜を駆る主人公と敵をとるため剣士になったヒロインは結ばれてめでたしって感じでは進まない
そもそも主人公は下半身を竜頭部?と融合させて子供が残せない「旅人」になるし・ 

旅人になるには自分の竜と自分をスライムを媒介にして融合する しかも自分の下半身をぶった切って竜にくっつけてた

自分が生まれ育った島を救うための手段を探しに、ヒロインは自分の仇を探すために一緒に島を飛び立ったところが一巻の終わりだったと思うんだが
てっきりそれで連載も終わっていたと思うけど商品リンクしてみると2巻もでてる

その先も連載されてたんかな それとも島を旅たつシーンが2巻の終わりだったのか

古すぎてよぉわからん


キャプテン誌上ではこの前にもるも1/10、この後にハンターキャッツを発表してるが いずれも多かれ少なかれコメディ色がある作品なので これはちょっと珍しかった 





-
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

狼ダンディー [う]


狼ダンディー (パーティコミックス)

狼ダンディー (パーティコミックス)

  • 作者: 原口 清志
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1991/04
  • メディア: -




著 /原口 清志

amazonの画像がないから狼ダンディーの画像をみる

モーニング連載?だったか 単行本で読んだので連載誌は知らん!

これで「うるふダンディー」と読む

アフタヌーンで同じ作者の「ヘルマドンナ」を読んだときに伝奇ものっぽいのが好みあったのでほかの作品はどんなかなーって思い古本屋で読んでみた

そいやこの作者 このあとチャンピオンで「しゃがら」連載打ち切り後見かけないけど絶筆したのかな

舞台は神戸 貿易会社の社長が主人公だが人間でなく狼男
なのでこのタイトル

同じ人外の存在とのバトルもあるがシリアスではない

敵はバトル後に年老いてしまい、ラストは普通に犬耳も隠さず神戸を闊歩するようになり

周囲の人間も受け入れているような世界観だしね






-
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

うる星やつら [う]


うる星やつら 1 新装版 (少年サンデーコミックス)

うる星やつら 1 新装版 (少年サンデーコミックス)

  • 作者: 高橋 留美子
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2006/11/17
  • メディア: コミック



詳しくはwiki参照

うる星やつらの画像を探す

ラムの画像を探す


うる星やつら LPジャケットの画像を見る


うる星やつらの原作コミックの表紙を探す
週刊少年サンデー連載 だが当初はたしか増刊号の掲載だった気がする 

アニメ化されたのは私が小学生のころだったように思うが はまったのはアニメが終了してサンデーの連載がもう終盤に入ってから このあと散々 散財したっけか・


思い入れが強すぎて感想が出てこないが アニメの方、原作の方それぞれによさがあった


とにもかくにもヒロインのキャラ立てが大成功してた
宇宙人、押しかけ女房、嫉妬で電撃、普段着がビキニ(今はなんでもないが連載開始当時を考えるとね)


準レギュラーもベンテン、おユキ、ラン、クラマ、サクラなど女性ばっかだったけど
面堂終太郎とかもキャラたってたな

サンデーコミックスの背表紙のタイトルの下に毎回ラムの顔が載っていて
髪の配色が変だなあと思っていたんだが(特に前半の巻)

後に高橋留美子がラムの髪の色は CDの盤面のような感じと語ってた記事をみて
光の当たり具合で色が変わるホログラムみたいな感じになるからああいう色だったんだなと得心

後にアニメと同じ緑で描かれることとなってたが・
私も最初は原作でなくアニメをみたのでずっと緑が正しいと思ってた


アニメで活躍したメガネは原作ではほぼでない(そもそも序盤にでた人物がアニメのメガネと同じ人物かどうかわからんし)のが不満だったが やっぱあのキャラはアニメでしかも千葉茂の声があってこそ生きたキャラだから仕方ないか


原作の豪華本(今で言うなら完全本とか厚いタイプ 今は別に新装版とかがでるみたいだが)が出たときにサンデーコミックは捨ててしまったが 結局原作のイラスト本がでてないことから捨てるべきではなかったと後年後悔することとなった

高橋留美子自選複製原画集ってのが完結後にでたけど点数が少なくて不満だった


原作以外に金春氏による原作を元にしたノベライズが5巻でていた


アニメのフィルムコミック(36巻で刊行ストップ 劇場版のものも前後編で4までが出た)、サンデーグラフィックなどもあったがアニメ関連なのでそっちで


そういや 当時でも同人活動は存在してて「ラムちゃん同盟」ってのがアニメ誌の同人コーナーでのってたな( 今じゃ考えられんが連絡先住所のせて小為替で販売とかで)










-


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

ウルトラ超伝説 [う]


ウルトラ超伝説 (第1巻) (St comics)

ウルトラ超伝説 (第1巻) (St comics)

  • 作者: 居村 真二
  • 出版社/メーカー: 大都社
  • 発売日: 1998/06
  • メディア: コミック




ウルトラ超伝説の画像を探す


アンドロフロルの画像を探す

子供向け特撮雑誌の「てれびくん」という月刊誌に連載されていた
ウルトラマンを題材にした作品だが TV放映のウルトラマンシリーズでなく本雑誌の企画?のアンドロメロスを題材にしたもので コミック化されたときは「ウルトラ超伝説」となったがもとの連載時の題名は「アンドロ超伝説」だったような気も・・・ でもwikiにはなんも書いてないしなあ

アンドロ超戦士〈3〉地球大決戦のまき―ウルトラ超伝説 (1982年) (小学館のテレビ名作―ウルトラ超伝説シリーズ)
ってのはあるようだけど


著/居村 真二



ウルトラマンタイプに強化服コスモテクターを纏った格好のアンドロ星人が主人公

アンドロメロス、セブンタイプに強化服を纏ったアンドロウルフ
そしてのちに合流したアンドロマルス、
極地にてグランテクターを守っていた美雪ケイことアンドロ星の王女のアンドロフロル、
黄道の剣をもって地球に来た(だったと思うんだが記憶があやふや)フロルの弟トランの5人が登場

敵は当初は特撮と同じ怪獣だが後にそれらを操っていたグア帝国3人の兄弟、さらにそれらを分身として操っていたデカイ怪獣(名前忘れた)が最終の敵として登場

マルスがグランテクター、黄道の剣、ブースターとなる宇宙船アンドロ艇の3種の神器を使って打ち倒して 神器を失うも勝利して終了


それ以外にも グランテクターを作ったトランの父親(トランは死んだ王子に代わって秘密裏に養子になっていた)や トランの友人だったウルトラマンキングの話もあった




連載終了後にウルトラ超伝説 すすめタロウという題名でウルトラマンタロウが主人公のものが連載されて本コミックの3巻分にあたるよう収録されている






ウルトラ超伝説 1


ウルトラ超伝説 2


ウルトラ超伝説 3











nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

ウッド・ノート [う]


ウッド・ノート 1巻 (小山田いく選集 2期)

ウッド・ノート 1巻 (小山田いく選集 2期)

  • 作者: 小山田いく
  • 出版社/メーカー: ブッキング
  • 発売日: 2007/10/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)




ウッド・ノートの画像を探す

たがみよしひさの実兄 小山田いくの作品


週刊少年チャンピオン連載

詳細はWiki:ウッド・ノートにあり


むか~しにプラレス3四郎を目当てにチャンピオンを読んでいたときに生き物などが好きなのでついでに読んだ作品 作者の小山田いく氏はたがみよしひさ氏の実の兄弟

第一話にも出てくるがウッドノートとは鳥のさえずりとかの意味らしい バードウォッチング部を舞台にしたコミック

ある理由で転校してきた(転校前だが)唐須一二三(からすひふみ)が鳥の生態写真の数を競う勝負に勝つことでバードウォッチング部の名前をウッドノートにすることから始まる

鳥バカの唐巣と部内の人間模様などが描かれている一応青春モノ?かもしれないが少しカタイ・・というかとっつきにくいところがある 鳥好き・・って人でないと面白いという感想は出ないと思う

少なくとも今の週刊マンガ雑誌では連載してない(されない?)ジャンルだね・・・

途中 新入部員も加え、部から同好会に格下げされたり、部内での恋愛のゴタゴタもあったり、主人公はバードウォッチングのために休学して全国回るとか いろいろなことがありながら 代替わり後 全国のバードウォッチング部と提携したり活躍の場を広げていることが語らえていた

卒業をそれぞれの進路にいたそして部のメンバーで
動物カメラマンのアシとして海外にいる唐須に会いに行き 
ヒロインのひわと久々の再会をするところで物語は終わる




チャンピンコミックはamazonには画像がないので選集の画像で

ウッド・ノート 1巻 (小山田いく選集 2期)ウッド・ノート 2 (小山田いく選集 2期)ウッド・ノート 3 (小山田いく選集 2期)ウッド・ノート 4 (小山田いく選集 2期)





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

うっちゃれ五所瓦 [う]


うっちゃれ五所瓦 (1) (小学館文庫)

うっちゃれ五所瓦 (1) (小学館文庫)

  • 作者: なかいま 強
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2002/06
  • メディア: 文庫



週刊少年サンデー連載作品 全話読破

著/なかいま強


高校の相撲部題材

現在もこういったスポーツ題材のコミックは多いはずだが 過去の作品の方が面白く感じるのは やはり読む側が年食ったせいなのだろうか・

これを読んでいたころはどんなに絵が好みでなくても雑誌は全作品端から端までじっくり読んだもんだけど 今じゃ雑誌買っても興味ないのはまったく読まなくなった

この作品は絵が好みでないが キャラが立っていたなあ 

高校でも上位の力を持ちながら高校一位の選手が同地区にいるせいで県大会にもいけない どもりがちの主人公

主人公の熱意にまけ 柔道部から大会の間だけ相撲部に席を置いた生徒

プロレスラーを目指し レスリングをしていた生徒
最近の作品は美男美女ばっかりの綺麗な絵だけどキャラクターはどれも月並みってのばかり・

体系と名前だけは相撲向きの囲碁部員(将棋部員だったかな)

なんちゃって不良のがりがりの部員

の5人で地区予選を舞台に話は進む


ラストは一人のこった正式な部員 五所瓦が神棚に向かって部を終わらせて申し訳なく思ってるところに 大会をみた入部希望者が現れて終わる



-
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

うしおととら [う]


うしおととら 全19巻 完結コミックセット(小学館文庫)

うしおととら 全19巻 完結コミックセット(小学館文庫)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2010/01
  • メディア: 文庫




著/藤田 和日郎  少年サンデー連載作品

帯ギュと同じ号で新連載として始まって 両作品とも当たりだなーって思ってずっと読んでいた

最後まで読破はしたが 連載期間が長くてちょっと中だるみが・・
完結した今 まとめて読むならいいけど 週刊雑誌でこれほど長く読み続けるのはちょっとダレたね・

この後のからくりサーカスも同じだったけど
最近のコミックの作画で見かけない ぶっとい線が印象的だったなあ
それは2010現在の連載作品でも同じか

あれってペンでなく筆?  









-
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

ヴェルバーサーガ [う]


ヴェルバーサーガ (1) (ドラゴンコミックス)

ヴェルバーサーガ (1) (ドラゴンコミックス)

  • 作者: 結城 信輝
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 1995/05
  • メディア: コミック




ヴェルバーサーガの画像を探す
ロードス島戦記の作画で注目された結城信輝氏の作品 コミックも描いているかと思って読んでみた

連載がドラゴンマガジンで連載も不定期気味のせいか2巻が発売されてから発表されなかったが
以後 レーベルを変えて再刊行されていたので連載誌を変えて発表された?


戦う女性が主人公 メインの登場人物で男性の比率少なめだけどバトルが主



もとのコミックの2巻までは読んだけども レーベルを変えて出た3巻は読んでません なので3巻で完結したかどうかも不明



ヴェルバーサーガ (1) (ドラゴンコミックス)ヴェルバーサーガ (2) (ドラゴンコミックス)ヴェルバーサーガ (3) (ドラゴンコミックス)結城信輝画集 千紫萬紅[完全限定版]Phantasien―結城信輝画集 (Dragon magazine special)







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

ウインドミル [う]


ウインドミル (1) (少年サンデーコミックス)

ウインドミル (1) (少年サンデーコミックス)

  • 作者: 橋口 隆志
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 1998/07
  • メディア: コミック




ウインドミルの画像を見る
エっちゃんまいるゾとか雛形あきこを題材にしたコミックを週刊少年サンデーに書いていたときに絵が好みだった

その後しばらくみかけないと思ったら 本屋で見かけたのがこの作品

wiki に記事はあるが人物紹介くらい

ソフトボール題材 でてくるのが女子ばっかりなので(舞台上しかたがないか)どうも飽きが・・
月刊誌の掲載?だったため刊行ペースも遅かったので途中で読まなくなってしまった

暇があればブックオフで続きを読むかな・・あと読んでないのラスト2巻くらいだし・・




ウインドミル (1) (少年サンデーコミックス)ウインドミル (2) (少年サンデーコミックス)ウインドミル (3) (少年サンデーコミックス)ウインドミル (4) (少年サンデーコミックス)ウインドミル (5) (少年サンデーコミックス)ウインドミル (6) (少年サンデーコミックス)ウインドミル (7) (少年サンデーコミックス)ウインドミル (8) (少年サンデーコミックス)ウインドミル (9) (少年サンデーコミックス)ウインドミル (10) (少年サンデーコミックス)ウインドミル (11) (少年サンデーコミックス)





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

Venus Versus Virus ヴィーナス ヴァーサス ヴァイアラス [う]


Venus Versus Virus 1 (電撃コミックス)

Venus Versus Virus 1 (電撃コミックス)

  • 作者: 鈴見 敦
  • 出版社/メーカー: 角川(メディアワークス)
  • 発売日: 2005/12/17
  • メディア: コミック



VenusVersusVirusの画像を見る

著/鈴見 敦  


月刊コミック GAO連載 
帯に 少女対魔人。ってあったがそれがそのままタイトル名訳ね
魔人(ヴァイアラス)が見える スミレ、ヴァイアラスを退治する ルチア の二人の少女が主人公

詳細は wiki に記事あり

TVアニメ化って本屋にあったのでとりえず一巻だけ買ってみたが・・

以下続刊は読む気にはなれず 断念




Venus Versus Virus 1 (電撃コミックス)Venus Versus Virus 2 (2)    電撃コミックスVenus Versus Virus 3 (電撃コミックス)Venus Versus Virus 4 (電撃コミックス)Venus Versus Virus 5 (電撃コミックス)Venus Versus Virus 6 (電撃コミックス)Venus Versus Virus 7 (電撃コミックス)Venus Versus Virus 8 (電撃コミックス)Venus Versus Virus  |電撃コミックス  [コミックセット]





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

ウィッチブレイド丈流 [う]


ウィッチブレイド丈流 1 (チャンピオンREDコミックス)

ウィッチブレイド丈流 1 (チャンピオンREDコミックス)

  • 作者: 小林 靖子
  • 出版社/メーカー: 秋田書店
  • 発売日: 2006/07/20
  • メディア: コミック



ウィッチブレイド丈流 2 (チャンピオンREDコミックス)

ウィッチブレイド丈流 2 (チャンピオンREDコミックス)

  • 作者: 小林 靖子
  • 出版社/メーカー: 秋田書店
  • 発売日: 2007/02/20
  • メディア: コミック



ウィッチブレイド丈流

チャンピオンレッド連載 著/隅田かずあさ


ウィッチブレイド丈流の画像を見る

アニメと同項目でWiki:ウィッチブレイドにわずかに記事有り

元はアメコミらしい・
アニメ化と同時に連載されたようだが 私の住む地域では放映されてなかったのでコミック版しかしらなかったがのちにレンタルでアニメを見たところ 話は全くの別物だった

なのにアニメ版と同じ人が脚本かいてるとは意外

肉感的な作画が好みではあったが内容が・・  立ち読みで十分な内容だね


寺に伝承されていた「鬼の手」によりウィッチブレイドになる主人公の丈流と 人でない存在鬼との戦い

ラストは戦いの後、再起不能、車椅子に乗る丈流が 幼馴染の声に反応するところで終わってた





--------------
ウィッチブレイド 碧の少女 LOST GENERATION (徳間デュアル文庫)


ウィッチブレイド公式ビジュアルファンブック (JIVE FAN BOOK SERIES)


ウィッチブレイド 天羽雅音 -Cool White ver.- (1/7 PVC塗装済み完成品)


Witchblade 天羽 雅音 ウィッチブレイド装着Ver (1/6スケール PVC塗装済み完成品)


ウィッチブレイド 蘇峰 玲奈 クローンブレイド発動態 (ノンスケールPVC塗装済み完成品)


ウィッチブレイド 天羽雅音  (1/7スケールPVC塗装済み完成品)


ウィッチブレイド 天羽 雅音 私服Ver. (1/8スケールPVC塗装済み完成品)


ウィッチブレイド ウィッチブレイド・雅音 (1/6スケールPVC塗装済み完成品)


ウィッチブレイド 都築栞 Cool Black ver. (1/7スケールPVC塗装済み完成品)


ウィッチブレイド 天羽 雅音 ウィッチブレイドパワーアップ Ver. (1/6スケールPVC塗装済み完成品)


【WITCH BLADE】ウィッチブレイド Tシャツ サイズ:XL / BLACK



-
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。