So-net無料ブログ作成

いろはにほう作 [い]


いろはにほう作 1 (少年チャンピオンコミックス)

いろはにほう作 1 (少年チャンピオンコミックス)

  • 作者: 小林 よしのり
  • 出版社/メーカー: 秋田書店
  • 発売日: 1985/01
  • メディア: 新書




週刊少年チャンピオン連載 作品 著/小林よしのり

コミックは読まず本誌で読んでた

唯一小林よしのり氏の作品で読んだことがあるもの 

Wiki:いろはにほう作


 当時プラレス3四郎がやっててその途中に連載開始されたと思う 
主人公のほう作が親戚であるいいとこのぼっちゃんの家に大八車かリアカーを引きながら見開きで「ほう作が来たばい」って言ってたのを覚えてるのだがその時の目が左右で別の方向を向いていたのでホラーっぽいギャグなのかと思ってた。
なんせ子供なのに河童のように頭頂が禿げてておかっぱってビジュアルで面白さよりもちょっと怖かった。

 なぜか下宿?先の親戚のダンディなおじさんには気に入られるがその息子の同級生の従兄弟に都会の生活や学校生活に散々苦労をかけてたっけ

便器に収まりきらないほど脱糞するとか鼻水を両手で広げてどぼじて?とか言ってたギャグが好きじゃなかったんだけど当時 気に入らない作品を読み飛ばすってことをしなかったので好きじゃなかったのに(あるいはそれだからなのか)覚えてる。

最後は負傷がきっかけで入院中に解剖学の本を読んでまともな感想を言ったと思ったら天才となっており、テロで持ち出された核物質を回収して精製したり、マスコミの依頼で出演した番組で原子爆弾を積んだミサイルを作ったりしてたな。 揚句に物理学の大家に引き合わされて悩んだ挙句に赤ん坊からの歩行をやり直し、ついにほう作定数を発見し物理学を終了させてた。

その功績で講演に引っ張りだこになり、幼なじみの姫子が距離を置いて豊作が車を降りて探して次回最終回って感じだったんだがその号を読んでないので物語の最後がどうなったのか知らない

ギャグっぽく元の馬鹿に戻ったのか、あるいは夢落ちだったのか それとも天才のままハッピーエンドだったのか?


 以後 小林よしのり氏に関しては後に集めた「リングのかけろ」のコミックスの巻末にあった推薦文のコーナーで見かけたくらいなのだが おぼっちゃまくんがアニメ化された時主人公のビジュアルを見て同じようなやつ描いてるなと思ったっけ

そのあと時事問題を扱った漫画のゴーマニズムとかが話題になったことは知ってるが読んでないまま

 次に見かけたのはネット上でAKBのファンってのを見かけて確かもういい加減いい年になってるはずだし別人だと思ってのに当人だったことには驚いた



 


いろはにほう作 1 (少年チャンピオンコミックス)いろはにほう作 2 (少年チャンピオンコミックス)いろはにほう作 3 (少年チャンピオンコミックス)いろはにほう作 4 (少年チャンピオンコミックス)いろはにほう作 5 (少年チャンピオン・コミックス)いろはにほう作 7 (少年チャンピオン・コミックス)いろはにほう作 8 (少年チャンピオン・コミックス)いろはにほう作 9 (少年チャンピオン・コミックス)





nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

許嫁協定 [い]


許嫁協定 (1) (カドカワコミックス・エース)

許嫁協定 (1) (カドカワコミックス・エース)

  • 作者: フクダーダ
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2012/12/28
  • メディア: コミック




ヤングエース連載作品  著/フクダーダ
氏は元はアダルトジャンルでの活動だったのが一般誌にも活躍の場を広げたのかな?

とらのあなで表紙を見たときは御石神落とし御石神落としの人かと思ったら全然違ってた

「許嫁」が入ったタイトルに誘われて買ったみたけどヤングエースってコミック雑誌見たことないや

父の浮気が原因で離婚し母子家庭で暮らす高校生:兼多航(かねだ わたる)が主人公

5歳の時に両親が離婚し息子のために海外を飛び回る母に対して生活費と自立を目指して学業の傍らプログラマーとしてバイトをしている

借りているマンションの大家の娘で同級生の:紅林 智とその妹の文とも関係は良好で智に関しては航に向ける好意は誰の目にもバレバレの状態

2年の新学期が始まった初日の放課後 教室に居残ってだべっていた航の元に現れたのは巨乳の扇黄珠代、
モデル業をしている藍京莉歌、ツルペタで清楚だが怪力の黛紗苗

いきなり近づいてきて自己紹介もなしに連続でキスしてくる3人
当惑する航に渡されたのは許嫁協定と書かれたものでその中には航を含めた4人で写した子供の頃の写真


翌日 お決まりの展開で航の組に転校生として現れた3人

問い質すために放課後に3人と会うのだが3人ともがスカートをたくし上げて下着を航に見せており、誘惑にしてもちょっとイタイ様子


許嫁協定については3つのことが書かれており内容は

参加者の証しについて
参加者の資格は純潔であることであるが それを守ればどんな誘惑をしてもいいということ
婚約を迫る期限は瑛崧学園に在学中の期間に限るということ

の3つ  作ったのは協定を結んだ参加者の3人  
(その強制力や違反した場合の罰則は書かれていない 3人の家がいずれも名家で主人公の血筋を鑑みるに裏には色々あるかもしれないが)

そこで伝えられたのは雪溝グループの直系 いわゆるの御曹司であること

許嫁に関して父親の思惑が絡んでいないか? 相手も覚えていない上に10年会ってもいない自分を婚約者使用することに訝る航だが その場は深刻にならずに押し切られる


婚約者を目指す明らかな敵が3人増えて気が気でない智だが事故とはいえ航とキスしてしまい三人と同じ立場にはなる

航が借りている紅林家所有のマンションの空き室にこれまた御約束として(当然手をまわしているためだが)移り住んできた3人

そのことに更に怒れる智だがあっさりと三人の申し出(挑発)に乗った上に航本人の了解をとらないままデート権利をかけた勝負に負けてしまう

再会して間もないことからデートでアピールをしようとする3人 まずは藍京莉歌が航とのデートをすることが決まりその前日になったところで一巻終了


許嫁ものとしてはおそらくは絡んでくるであろう親(家)の関係や許嫁とは関係がない立場で好意を持つ人物も含めてお約束展開   3人そろって肉食系ってところがちょっと毛色が違うか

許嫁の理由に家が絡んでこようが純愛が絡んでこようがいずれは重い展開になるのやも? 今のところはまだまだまだ序盤か・ そもそも連載一回の扉絵では智も許嫁協定の参加者の証の赤い指輪をしてたけど今はしてないし もう一人許嫁っぽいキャラが描かれたいたけど登場もしてないね

カバーの下は白紙だがカバーの裏は扇黄のピンナップになってます

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

イナズマン [い]


イナズマン 1 (秋田文庫 5-37)

イナズマン 1 (秋田文庫 5-37)

  • 作者: 石ノ森 章太郎
  • 出版社/メーカー: 秋田書店
  • 発売日: 2008/04/10
  • メディア: 文庫




著/石ノ森章太郎  週刊少年サンデー連載作品

Wiki:イナズマン

連載時はおっさんの私が生まれてないくらい古い作品

子供のころ兄が愛蔵版シリーズのコミックを持っておりそれで読んだ覚えがある全3巻だったかなあ?(たぶんサンワイドコミックス?)

同じ愛蔵版シリーズで変身忍者嵐・キカイダーのコミックも読んだっけ

実写のイナズマンも見たことがなく子供のころ特撮本でイナズマンを見たことがあり そのあと本作を読んだのでイナズマンの実写と漫画の姿の違いに落胆した覚えがある

確か実写ではイナズマンのあとパワーアップしてイナズマンFとなったはずだけど漫画版はイナズマンのままだった  それにサナギマンも初めてイナズマンになるときに経たくらいで以後サナギマンになってなかったような気がする・(かなりうろ覚えだが)


高校生の主人公にミュータント(超能力者)として覚醒を促され、イナズマンとして変身する

しかし悪の組織の構成員と戦うのメインのバトルマンガって話ではなかったと思う

超能力者として覚醒したことで父母の心を読み自分が血の繋がった親子でないことが分かったり、敵組織からの刺客だったクラス担任の女教師が裸で部屋にテレポートしてきて隣人の女の子に不潔呼ばさりされてたのは覚えてるんだがさすがに昔すぎてストーリーも断片的にしか覚えてない

イナズマンに変身すると服が無くなってしまうので服を借りたり(しかも敵の女の子の下着とか)、超能力を持つのが人間だけでなくて犬もテレパシーで主人公と会話してたかな

ゲストで原作のキカイダーのジローが登場する回があったが 同時に原作のキカイダーを読んだので キカイダーの原作後の洗脳された01や00、ビジンダーとかを自らで破壊して一人だけ残った後に出会ったのかなあなんておもったっけ

最後は月?かなんか荒涼とした惑星上で蛇?みたいなでかいやつと戦うためにイナズマンとして変身して参戦してるところで終わってる記憶があるのだがWikiみるとそんな感じじゃないなあ
敵と味方の組織のトップが兄弟だったことはおぼろげながら覚えてるんだが


あんまり覚えてないけど多分石ノ森章太郎氏の漫画で初めて読んだのはこれとキカイダー

あとはサンデーでやってた仮面ライダーブラックとすこーしだけコミックノーラの前身のSFアニメディアで009読んだくらいか




イナズマン 1 (秋田文庫 5-37)イナズマン 2 (秋田文庫 5-38)イナズマン (1) (MF文庫)イナズマン (2) (MF文庫)イナズマン (3) (MF文庫)イナズマン大全―イナズマン、イナズマンFの世界




nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

維新のKAGURA [い]


維新のKAGURA(1) (KCデラックス)

維新のKAGURA(1) (KCデラックス)

  • 作者: 橋本 尭昌
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2010/02/17
  • メディア: コミック





原作/あかほりさとる  構成/氷川あん果  作画/橋本尭昌


維新のKAGURAの画像を見る

Wikiには記事なし

神戸のメロンブックスで会計待ってるときに 後ろの棚にあったのでなんとなく手に取って買ってみた


ただし3巻だけ なので読んだのも3巻だけ


和装黒髪女性キャラが表紙だったので・ 改めてみると和装とはいえんな

どこの連載作品かとWikiみたら マガジンイーノ? なんじゃそれ?みたことないな


読んでみて思ったことは・・ 何これ?

戦うのが男 周りは女性ばっかり 戦うのも武装した女性でその武装のキーパーソンが主人公の男 舞台は架空ながらも現実世界で言うと近代・・・


サクラ大戦とらいむいろ戦記譚の類似品!

よくよく見てみたら 原作「あかほりさとる」・・ 

いくら 発表された時期が違うから読者の世代も異なるとはいえ・

同じような話ばっかり書いてるな・


まぁ同じジャンルばかり書いてるのは あだち充もそうだが・

読者に類似作品を求められているならともかくねぇ・・
編集者が類似ジャンルでの原作を望んだのかもしらんけどもね・

ヒロイン達の戦闘時の露出は高いけど作画のせいかあんまりエロくもない
コミックとはいえ どうにも台詞が芝居掛かっていてクサい・・・









維新のKAGURA(1) (KCデラックス)維新のKAGURA(2) (KCデラックス)維新のKAGURA(3) (KCデラックス)維新のKAGURA(4) (KCデラックス)








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

妹は思春期 [い]


妹は思春期(1) (ヤングマガジンコミックス)

妹は思春期(1) (ヤングマガジンコミックス)

  • 作者: 氏家 ト全
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2002/08/02
  • メディア: コミック




著/氏家ト全     ヤングマガジン連載作品

妹は思春期の画像を探す

詳しくは wiki に記事あり

最初 「うじいえぼくぜん」だと思ってたら 読み方「とぜん」だった


主人公の城島兄妹を中心に その友人たちの下ネタ系4コマコミック とはいっても下品を言うよりほのぼのという感じもある
個人的には 城島 兄に思いをよせる後輩 叶ミホの「いたいけな~」シリーズが好きだが 惚れた腫れたのストーリーには 少しばかり遠い作風なので進展はない
3巻でマナカが登場、5巻で金城が登場と巻を増すごとにキャラが増えるが 当初は書き分けが見分けられず登場人物がよくわからなかった時期があった

著者のほかの作品もほぼ(というか全て?) 下ネタ系 4コマなのでかなり作品同士でネタ キャラが被っている・・    

ネタが被りまくってるのに 本作も濱中アイ生徒会役員共も読んでるなあ なぜだろう・

アイドルのあかほんだけは今まで読んでないけど(マガジン買ってるのに読み飛ばしており連載が終わったこともしらなかった)


だけどアニメ化されるとはなあ 生徒会役員共・・
しかも放映終了後にムック本がでたり DVDつきの豪華版コミックが出てたりと人気あるんかな







妹は思春期(1) (ヤングマガジンコミックス)妹は思春期(2) (ヤングマガジンコミックス)妹は思春期(3) (ヤングマガジンコミックス)妹は思春期(4) (ヤングマガジンコミックス)妹は思春期(5) (ヤングマガジンコミックス)妹は思春期(6) (ヤングマガジンコミックス)妹は思春期(7) (ヤングマガジンコミックス)妹は思春期(8) (ヤングマガジンコミックス)妹は思春期(9) (ヤングマガジンコミックス)妹は思春期(10) <完> (ヤングマガジンコミックス)








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

EVILIVE イビリブ [い]


EVILIVE 2 (ヤングチャンピオン烈コミックス)

EVILIVE 2 (ヤングチャンピオン烈コミックス)

  • 作者: D.P
  • 出版社/メーカー: 秋田書店
  • 発売日: 2009/09/18
  • メディア: コミック



EVILIVE 1 (ヤングチャンピオン烈コミックス)

EVILIVE 1 (ヤングチャンピオン烈コミックス)

  • 作者: D.P
  • 出版社/メーカー: 秋田書店
  • 発売日: 2008/02/20
  • メディア: コミック



著者 D.P" target="_blank">D.P ディー・ピーヤングチャンピオン烈 連載作品



イビリブの画像を探す

作者は元成人向けの作家だったようだが今は撤退しているそうだ
HPとかブログはない? D.Pって作家名だと他のサイトが多すぎで見つけられんな めんどくさい

烈は読んでないが たまたま本誌ヤングチャンピオンとの連動企画のアイドル全員応募で購入した際に 唯一烈の中で 読める作品かな~って思っていた作品 SEX描写はあるがエロマンガではないのであくまで青年誌掲載程度の内容 悪魔を題材にした作品でエロシーンもあることもあり単行本読んでみた
1巻の表紙みると萌え漫画にみえるけどもね  
刊行ペースが遅い烈連載作品なのでコミック化されただけでもいいほうなのか?


他の作品


ポコのお仕事 (Xコミックス)
ポコとあそぼう 1 (MFコミックス フラッパーシリーズ)ポコとあそぼう 2 (MFコミックス フラッパーシリーズ)trash. 1 (ヤングチャンピオン烈コミックス)アイドルぽろり!?  ~もぎたて★あっぷるぱい~ (MFコミックス コミックファクトリーシリーズ)ポコといっしょ (Xコミックス)





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

いちご100% [い]


いちご100% 1 (ジャンプ・コミックス)

いちご100% 1 (ジャンプ・コミックス)

  • 作者: 河下 水希
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2002/08/02
  • メディア: コミック



著/河下水希  週刊少年ジャンプ連載作品  全巻読破

いちご100%の画像を見る


詳細は wiki 参照

アニメ化もされたしドラマCDもでてた

前作のりりむキッスを露出の多さから読んだことがあるが 内容がイマイチなので本作も読み飛ばしており
ちゃんと読んだのは9巻あたりでまとめてコミックを読んであとは立ち読みで・・

ハーレム状態のまま終わるよりはきちんと決着が付いたのはよかったのだが ・
アレ? そっちとくっつくの?って感じの終わり方だったな






いちご100% 1 (ジャンプ・コミックス)いちご100% 2 (ジャンプ・コミックス)いちご100% 3 (ジャンプ・コミックス)いちご100% 4 (ジャンプ・コミックス)いちご100% 5 (ジャンプ・コミックス)いちご100% 6 (ジャンプ・コミックス)いちご100% 7 (ジャンプ・コミックス)いちご100% 8 (ジャンプ・コミックス)いちご100% 9 (ジャンプ・コミックス)いちご100% 10 (ジャンプ・コミックス)いちご100% 11 (ジャンプ・コミックス)いちご100% 12 (ジャンプ・コミックス)いちご100% 13 (ジャンプ・コミックス)いちご100% 14 (ジャンプ・コミックス)いちご100% 15 (ジャンプ・コミックス)いちご100% 16 (ジャンプ・コミックス)いちご100% 17 (ジャンプ・コミックス)いちご100% 18 (ジャンプ・コミックス)いちご100% 19 (ジャンプ・コミックス)ドラマCDシリーズ「いちご100% LAST TAKE ~WEST SIDE」
いちご100%  ドラマCDドラマCDシリーズ「いちご100% (2)」ドラマCDシリーズ「いちご100% (3)」ドラマCDシリーズ「いちご100% (4)」





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

EAT-MAN [い]


EAT-MAN 1 (電撃コミックス)

EAT-MAN 1 (電撃コミックス)

  • 作者: 吉富 昭仁
  • 出版社/メーカー: 角川(メディアワークス)
  • 発売日: 1996/12
  • メディア: コミック




著/吉富昭仁   Gaoの連載作品
今はもう連載誌だったGaoは廃刊 (まあ 休刊って扱いになってるけど実際は廃刊だよね)

イートマンの画像を探す

作品概要はwikiに記事あり

明るいコメディ色があった 作者の前作「ローンナイト」を知っていたので Gaoの立ち読みついでに読んでいた
最後あたりの2巻程度分は未読だが そのうちに読んでみたい

作画は好みではないが 話は好きな作品

食べたものを右手から出すっていう主人公の能力はあんまり目を引くものではなかったけどもストーリーはよかった

アニメ化もされたようだが 未見








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。